3.あのキャラが復活!? 〜GBA連動プレイ開発者インタビュー〜

任天堂株式会社 情報開発本部 制作部 制作課 係長 ディレクター 青沼 英二
任天堂株式会社 情報開発本部 制作部 制作課 係長 ディレクター 青沼 英二
任天堂株式会社 情報開発本部 制作部 制作課 企画担当 鈴木 利明
任天堂株式会社 情報開発本部 制作部 制作課 企画担当 鈴木 利明


-----


お父さんもゼルダをプレイしたい
−−−−GBA連動企画の発端を教えてください。
青沼 「風のタクト」を作る前に、宮本が「ゼルダって1人で遊ぶゲームだけど、お父さんも遊びたいよね」って言ったんです。それがずっと耳に残っていて、そういうものができないかなあと考えていたんです。そんなとき、アドバンスとゲームキューブの連動の話を聞いたんですね。そこで、お父さんと子どもが連動で遊べる企画を考えたんです。実はこれ、結構メインの企画にしようかと考えていた時期もあったんです。でも、アドバンスを持っていない人が楽しめないといけないので、今のバランスに落ち着いたんですね。
お父さんと子どもが連動で遊べる企画
−−アドバンス部分の開発は本編と同時にスタートしたんですか。
青沼 鈴木が関わるようになったのは、本編がだいぶ進んでからですね。企画は僕がやっていたのですが、アドバンスをやっていたのでは本編が終わらないと気づいて、『コロコロカービィ』で実績のある鈴木に白羽の矢を立てたんです。
鈴木 「ゼルダが大変だから手伝って」と言われて来たら、ゼルダというよりチンクルを手伝うことになっていました。
マップといえばチンクル!
青沼 はじめからアドバンス上ではマップで遊ばせようと思っていたので、「マップといえばチンクル」と。最初は虫かごみたいにアドバンスの中にチンクルを持って歩くイメージだったんです。でも、チンクル自体が社内でも人気のあるキャラクターなんですね。結局、本編でも役割が拡張されて、ついには本編にチンクルの島まで登場することになったんです。
鈴木 この島は上から見るとチンクルの形をしているので、チンクルファンにはたまらないと思います。チンクルが大好きな新人デザイナーが担当していますので、ぜひ行ってみてください。アドバンスを持っていなければ発生しないイベントもあるんですよ。


チンクルはみんなのナビゲーター
−−2人協力プレイでのチンクルの役割を教えてください。
鈴木 最初にこの企画をひきついだときは、アドバンスのチンクルが爆弾を出してくれるというのと、呼びかけたときに答えてくれるという内容だったんです。それだけで十分におもしろかったので、安心して作っていけました。
アドバンスのチンクルが爆弾を出してくれる
青沼 チンクルがナビゲーターにもなるという役割ですね。いろいろと話しかけてきたりするので、コミュニケーションをとりながらプレイできるんです。僕らがキャラクター設定をしているわけじゃなくて、みんなが持っているチンクル像みたいなものがあるから、そこを探っていかなくてはいけないのが大変でしたよね。
鈴木 赤と白のコスチュームを気楽に作ったら、「チンクルは妖精のマネをして緑の服を着てるのに、こんな色はおかしい」と指摘されて、ビックリしましたね。そのうち、チンクルの好きなスタッフにおうかがいをたてるようになりました。ひとつだけこだわったのは、チンクルはテキストでその場を描写するので、文章で匂いや音も感じさせたいということです。「暑い」とか「何々の匂いがする」とか言わせて、なるべくプレイヤーのそばにいる雰囲気を出しています。
−−そういったセリフやしかけなどは鈴木さんが全部考えたんですか。
鈴木 そうです。机の前にチンクルが使いそうなオヤジ言葉を貼り出して作ってました。
チンクル〜 チンクル〜 くるりんぱ
鈴木 リンクが必死に細い場所を通っているときに「おーい」って呼んで落っこっちゃったりとか、爆弾で助けようとしてリンクにぶつけちゃったりとか、そういうお邪魔プレイもできるんですよ。やはり2画面でのおもしろい遊びがいろいろありますね。チンクルがクイズを出してくるときもあるんですよ。最後までいくと普段20ルピーのチンケルを10ルピーにおまけしてくれたり。ですから、最初はノーヒントでクリアした人も、2回目はチンクルと進んでいくとおもしろいんじゃないかと思います。放っておいてもチンクルは「おーい」と話しかけてきたり、1人で「くるりんぱ」って言っていたり、体温を感じるゲームソフトになりましたね。
青沼 それはやはり最初に宮本が「お父さんもプレイしたい」と言ったことがヒントになったと思います。それと、チンクルはお金で爆弾やアイテムをくれるんですよね。今回はこのかけひきを作るために、財布をものすごく大きくしました。ゼルダシリーズの中で最高額を持てるんですよ。


息子の顔がチンクルに見えた!
−−ところで、チンクルは誰かがモデルになっているというのは本当ですか。
チンクルブラザーズ
青沼 ええ、本当です。鼻はこんなに赤くないですけど(笑)。
鈴木 僕はうちの息子がフードを着せられていたときにチンクルに見えましたよ。それで、ちょっとガッカリしましたけど(笑)。あとはずーっとチンクルの口調を考えていたので、つい息子にチンクル口調で話しかけたときは自分でもショックでしたね。
青沼 最後にはチンクルになりきってしまった、と。
−−では、最後にお1人ずつメッセージを。
インタビュー風景
青沼 僕自身がゼルダを手がけるのは、これが最後かもしれない、と思っています。というのは、いま続編を作れ!と言われても作れないと思うくらい、最後の1滴までアイデアを絞りきったんですよ。それくらい作りこみましたので、ぜひ遊んでください。
鈴木 連動によって、ちょっと変わった体験ができると思います。ゼルダ本編やゲームキューブを持っていなくても、アドバンスとケーブルさえ持っていれば、友だちのソフトを遊べますよね。ぜひチンクルと遊んでやってください。


----------
「ゼルダと音の世界 〜サウンドチームインタビュー〜」のページへ 2003年1月のトップページへ リンクなし