メトロイドプライム ロゴ

ニンテンドーゲームキューブソフト 発売日:2003年2月28日 希望小売価格:6,800円(税別) ジャンル:シューティングアドベンチャー

メトロイドプライム パッケージ
メトロイドプライム プレイレポート
ゲーム画面

ゲーム画面

ゲーム画面

ゲーム画面
。サムス・アランは自らが滅ぼしたはずの宇宙海賊が、ある星の近くに停泊していることを知ります。その船に乗り込み、調査をするサムス。そこでは恐ろしい生物実験が行なわれていたのでした。サムスは惑星ターロンIVに降り立ち、海賊たちの研究につ

主観視点で始まるこの作品。「メトロイド」ファンには意外だったかもしれませんが、操作感がとってもいいんです。それぞれのボタン操作が手になじむ感じ。それから、サムスはバイザーを通して周囲の状況を見たり、データを参照したりするんですね。このへんがSFチックでかっこイイんです。気になるものはスキャンバイザーでスキャンすれば、目の前に必要なデータが展開されます。敵をスキャンすることで攻略法もわかりますから、これは後半戦になるとかなり重要な機能です。

また、攻撃時はLボタンでロックオンできるのもいいですね。最初はアームキャノンを上下に動かしつつロックオンするのは難しいかな?と思ったんですけど、一連の操作を手が覚えてしまえば、まったく問題ナシ。気持ちいい〜感じでガンガン撃っていけます。かなり遠くにいる敵も射程に入れられるので、試してみてください。

3Dのカメラの設定もよくできています。そのせいか、私は普段は3D酔いにちょっと弱いんですが、ハイエンドのCGダンジョンをくぐりぬけていても、酔いというのをほとんど経験しませんでした。グラフィックもスゴい迫力。技術うんぬんではなくて、とにかくスタイリッシュでカッコいいんですよ。ゲームでこういう世界観を実現するのって難しいんですよね。まさにクール。アメリカで人気があるのもうなずけます。

惑星ターロンIVは、かつて鳥人族文明が栄えたところらしく、様々な遺跡が残っています。このへんの設定も、「メトロイド」ファンにはたまらないところ。ぜひサムスになりきって、探索を楽しんでください。

「もう一度おさらい! 「メトロイド」シリーズの歴史」のページへ ニンテンドウオンラインマガジン2003年3月号のトップページへ 「メトロイドプライム 制作スタッフインタビュー」のページへ