『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート
『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート
『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート
『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート ゲームボーイアドバンスソフト
希望小売価格:4,800円(税別)
ジャンル:S・RPG
発売中
>> このソフトのページへ
『ファイアーエムブレム 烈火の剣』プレイレポート
ゲーム画面ゲーム画面ゲーム画面
ミュレーションRPGの名作、『ファイアーエムブレム』シリーズ。今作の舞台は『封印の剣』よりも少しまえの時代。物語はプレイヤーであるあなたが、サカ諸部族の少女に助けられるところからスタートします。プレイヤーは“軍師”という立場でゲームに参加し、前半の主人公であるリン、そして後半の主人公エリウッドと共に闘い、仲間たちと物語を紡いでいきます。
ゲーム画面 回のもっとも斬新な試みが、“プレイヤー=軍師”というシステム。いままでの“プレイヤー=主人公”というお決まりをひっくり返す画期的なシステムで、これによってプレイヤー自身が自然に物語に溶けこみ、仲間と助け合って闘っていくドラマを演出しているんです。もちろん性別や名前も自分で決められるから、女の子でもバッチリ楽しめちゃう。私はもちろん“女”でプレイしてみました。やっぱり、気持ちの入りかたがぜんぜん違います。「私も物語の一員なんだ」という気分が大きく盛り上がって、楽しさが倍増ですよ!
ステムが親切に設定されているのも、『烈火の剣』の大きな特徴のひとつ。シミュレーションゲームが初めての人でも、「どうしたらいいか分からなくて困ったな〜」ということがありません。どのユニットをどのへんに置けばいいとか、このユニットにはこの武器が有効…というように、手取り足取りのていねいなガイダンスがつきます。説明書がなくてもOK! というくらいの親切設計にビックリ。だからといって簡単なわけではなくて、やっぱり仲間が倒れたりすることは起きます。そして一度倒れた仲間は生き返らないというシビアな面も…。そこもハラハラドキドキするポイントで気が抜けません!
ゲーム画面
2人の主人公 人公が複数登場する点も、いままでと違うところ。それぞれのストーリーがより合わさってひとつになっていく、という演出がとてもリアルに感じられて、物語の世界にぐいぐい引き込まれてしまいます。出会うキャラクターもみんな魅力的で、育てていくうちにキャラクターへの想いが深まっていくのです。システム、ストーリーの両方ともよく作りこんであって、途中で止められな〜い! という作品なので、いままでのシリーズファンだけでなく、シミュレーションが初めてという人もぜひプレイしてみてね。おもしろさは保証つきです!


「ポケモンセンターからの読者プレゼント」のページへ N.O.M5月号のトップページへ 「『ファイアーエムブレム 烈火の剣』開発スタッフインタビュー」のページへ