タイトル
パッケージ 動物の森e+ROGO
line
発売中 希望小売価格 6,800円
(カードeリーダー+同梱)
ジャンル:
コミュニケーション
プレイ人数:1人 (4人まで同じ村に住むことができます)
>>>このソフトの紹介ページへ
囲い
囲み
 NINTENDO64版『どうぶつの森』、ゲームキューブ版『どうぶつの森+』と進化してきた『どうぶつの森』シリーズ最新作。あたらしいイベントやアイテムの増加だけでなく、カードeリーダー+やGBA、さらにSDカードアダプターとの連動が目を引きます。癒し系村ライフをぜひとも楽しんで!
囲み
囲い

 かわいいどうぶつたちの住む村で、家具を集めたり釣りや虫採りをしたり、はたまた年中行事に参加してみたり…気ままな生活を楽むことができる『どうぶつの森e+』。この大人気シリーズの最新作は、周辺機器との連動要素が大きくなり、いままで以上に"ぷらす"な楽しみが増えました。まずタイトルにもなっている"e+"ですが、カードeリーダー+と接続してカードe+を読み込み、あたらしいキャラクターを呼び寄せたり、音楽をニューリリースしたりすることができます。

 またGBAケーブルでGBAとつなぎ、村の住人たちとのミニゲームを楽しんだり、ゲーム中で手に入れたファミコンソフトをGBAにダウンロードして遊ぶこともできちゃうのです! そしてSDカードアダプターを利用すれば、既存のパソコンネットワークを使って、離れた場所に住んでいる人のところへおでかけすることも可能に。周りにはゲームをする人がいないけど、遠くに住んでるネットの友達とならできるのに…なんて嘆いている人には嬉しいポイントですね。忙しい社会人さんにもうってつけの機能です。

 任天堂ホームページとの連動も増加し、ファミコンソフトやアイテムプレゼントのほかに、どうぶつ達とアイテム交換ができちゃったりするなど、いままで以上のお楽しみ要素が増えました。もちろん、基本的な内容も大幅にパワーアップ。アイテム、キャラクター、イベントの増加もさることながら、ほかにもあたらしい要素が付け加えられています。村の住人であるどうぶつたちに相性が設定され、だれとだれが仲良しとか、いまはけんか中…といったことが日常生活のなかに入り込んできて、人間(どうぶつだけど)関係の重要性が出てきます。プレイしている自分が、以前よりもますます村の仲間になった気分でと〜ってもリアル。

 いままでの楽しさを丸ごと引き継ぎながらも、たくさんの要素が追加されて、プレイする楽しみが目白押しの『どうぶつの森e+』。村での生活を思いっきり楽しんで、たくさんの"ぷらす"を発見をしてね!
ライン
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面



まえへ top つぎへ