クリスタル・キャラバンで冒険の旅路へ! プレイレポート
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』
『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』のページへ
GCソフト/発売日:2003年8月8日/希望小売価格:6,800円(GBAケーブル一本同梱)/ジャンル:RPG/プレイ人数:1〜4人
点線
>>> 商品紹介ページへ

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』は、ひとりでも、友達と一緒でも"ミルラの雫"を探す冒険ができるRPG。多人数プレイでは、なんとゲームボーイアドバンス(以下:GBA)をコントローラとして使用し、協力攻撃や仕掛けの解除など、声をかけあってチームプレイする楽しさが味わえちゃうのです。もちろん、ひとりでもその魅力はじゅうぶんに体験できるのが嬉しいところ。まったく新しい要素が詰め込んであるだけに、その内容が気になる所です!


ゲーム画面 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』の舞台は、瘴気(しょうき)に汚染された世界。人々がその瘴気の世界で暮らしていくには、瘴気から守ってくれる"クリスタル"のそばで生活する必要がありました。その"クリスタル"は年に一度、"ミルラの雫"で清める必要があるため、各村々からキャラバンが結成され、雫を求める旅に出る若者たちが命を賭けて旅立つのです。各地に点在する"ミルラの木"から取れる雫はごくわずか。それを集めて回り、村へ持ち帰るのが主人公であるプレイヤーの使命です。

シングルモード[クラヴァットの女の子] ひとりでプレイするときは"シングルモード"、多人数プレイの場合は"マルチモード"を選び、冒険に旅立ちます。編集長はひとりなので"シングルモード"を選択、キャラクターを作成します。キャラクターは4種類合計32パターンのなかから選べるので、多人数プレイをしても「友達と同じキャラクターでちょっと…」なんて心配がありません。まあ、目下の所はひとりですが…。編集長は見た目が人間タイプである、"クラヴァット"の女の子でキャラクターを作りました。そして、"親の職業"が冒険に関わってくるということで、かじ屋、さいほう屋、農家など8種類のなかから"錬金術師"に決定です。なぜかって、それはちょっとカッコイイ感じだからですよ!

ゲーム画面 さっそくクリスタル・キャラバンとして初めての冒険に出発です。"シングルモード"ではFFシリーズでおなじみの"モーグリ"の"モグ"が旅の相棒としてキャラバンに同行してくれます。ミルラの雫を集めるための"クリスタル・ケージ"を持ち運んでくれたり、たま〜に魔法で戦闘参加してくれたりと、フワフワのかわいい姿で大活躍です。ひとりでプレイしていて辛い所は、友達の作ったキャラクターに協力してもらうことも可能なので、ぜひとも協力者を確保しておきたい所です。
GBA[モンスターレーダー] マルチモードになると、友達や家族でワイワイと旅をすることができます。GBAをコントローラとして使うという、斬新なアイディアが導入されています。GBAケーブルで本体に接続、それぞれの画面がレーダーの役割を果たしたり、コマンドリストを表示したりと、単なるコントローラだけではない働きが持たされています。しかもそのレーダーは、それぞれが違うものを表示するうえ、お互いの表示内容が分からないのです! それらを利用した駆け引きや協力が、冒険攻略のポイントになるでしょう。

武器 さて冒険は各ダンジョンをひとつずつ攻略していく形をとります。鉱山や廃村などに分け入って、モンスターを剣と魔法で蹴散らしながら、雫を目指して進んでいきます。剣攻撃も溜めて攻撃すれば攻撃力が上がるし、魔法も"ファイア"を3つ合わせれば"ファイガ"という強力な合体魔法になるので、いくつかの組み合わせを試してみると闘いがかなり楽に進むはず。多人数プレイのときの合体魔法は、友だち同士で声をかけ合って息を合わせるのがポイントかな? ダンジョンのなかにある宝箱や、モンスターが落とすアイテムは残さずゲット。能力がアップする特殊アイテムである"アーティファクト"や魔法を拾って、少しでも強くなっておくと闘いのスピードが段違いに速くなります。そしてダンジョンの最深部にはボスが待ちかまえていて、その向こうには、探し求めていた"ミルラの木"が!
合体魔法

ゲーム画面 こうやって各地を回り、少しずつ雫を集めて何年もクリスタル・キャラバンとして旅を重ねていくうちに、瘴気に包まれた世界の謎や、クリスタルについての秘密が徐々にひもとかれていきます。クリスタルケージいっぱいに雫が集まると村へ帰り、クリスタルを清める行事が行われます。そしてまた、つぎの年のために雫を求める旅に出るのです。『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』は、プレイしていくうちに分かってくる秘密や楽しみがたくさんあるので、じっくり腰をすえてプレイしてみたいゲームです。ひとりでも、またみんなで遊んでもさまざまな楽しみ方があるので、ぜひぜひ両方のゲームモードを体験してみてくださいね!

点線
リンクなし「任天堂マガジン表紙・2003年8月号 No.61」のページへ「開発スタッフインタビュー」のページへ