『伝説のスタフィー2』をめいっぱい遊んじゃう! その1
プレイレポート:テンカイの王子様と私
『伝説のスタフィー2』
『伝説のスタフィー2』『伝説のスタフィー2』
パッケージ『伝説のスタフィー2』
ゲームボーイアドバンスソフト 発売日:9月5日 価格:4800円 ジャンル:マリンアクション プレイ人数:1人『伝説のスタフィー2』
■■■■■■■■■■
■どんなゲーム?
『伝説のスタフィー2』は、“テンカイ”の王子であるスタフィーが、悪者である“オーグラ”にさらわれたママをたすけるために旅に出るアクションゲームです。十字ボタンとA、Bボタンだけで操作することができるので、アクションが苦手…という人でも十分に楽しめるはず。さて、気になるゲーム内容は一体どうなっているのでしょうか? GBA-SPを片手に、いざプレイ開始です!

ゲーム画面

ゲーム画面

ゲーム画面

ゲーム画面

ゲーム画面
『伝説のスタフィー2』は、
ステージをひとつクリアーするごとに、新しいステージへ進んで行くというアクションゲーム。時には中ボスである“プチオーグラ”を倒し、時には親の言うことを聞かずにいる子供をこらしめ、さらには困っている人助けまでしちゃう。さまざまなアクションで、海や“テンカイ”を舞台にした物語が広がっていきます。アクションゲームなので、器用にいろんな技を使えないとステージクリアーは難しいのかなあ、と思いきや。新しいアクションが登場するたびに、練習するコーナーが各所に設けられているので、そんな心配は全く無用なのが嬉しいところ。「じゃんぷ」や「だっっしゅ」などを身につけながら、実際のステージへ進んで行くのです。
プレイしていると、
Bボタンで「だっっしゅ」したり、空中で「だぶるじゃんぷ」したり、「しゃがみすべり」をしたり…と、ファミコン時代からゲームを遊んでいる人間としてはおなじみのアクションが満載です。操作が簡単なのがいちばん嬉しいですね。「あ、できた!」という感覚が、とってもいい気分ですよ〜。ゲームオーバーになっても続きからやり直すことができるし、中断というコマンドもあるので、電車移動の時間やちょっとした空き時間にプレイするのにもピッタリ。いつでも遊べていつでも中断できるというのが、「シーンを選ばないゲーム」という感じで、忙しい人にもありがたい要素です!
また、ゲーム内には
パズルや謎解きもちりばめられています。どうすればいいか分からない時は、相棒であるハマグリの“キョロスケ”に話しかけると、大きなヒントをもらえます。でも特に難しいということはないと思うので、楽しんで謎解きができますよ。ちょっと威張っていて、王子様であるスタフィーをアゴでこき使うキョロスケですが、ストーリーを追っていくと実は人情家でアツい男だということが判明。ちょっとホロリと来るお話もあちこちにあって、アクションとはいえストーリー性もしっかりしています。
普段はおっとりしている
スタフィーの細かい動きや表情も、一見の価値アリ。登場キャラクターはそれぞれ個性的で、ネーミングやセリフなども思わず吹き出してしまうポイントがギュッと詰め込まれています。今回新しく追加された着せ替えや、全種類が新しいものに入れ替わったミニゲーム、写真収集といったオマケ要素も充実しているので、本編のアクションだけじゃなくどこを切っても楽しめちゃうという嬉しいゲームです。そして、クリアーしたあかつきにはさらなる冒険が待っているとか! 簡単で親切、だけどとことん楽しめるアクションゲームを、ぜひ体験してみてね。
----------
「『マリオゴルフ ファミリーツアー』でレッツゴルフ!/開発者インタビュー」へ N.O.M9月号のトップページへ 「『伝説のスタフィー2』をめいっぱい遊んじゃう!/開発者インタビュー」へ