特選! とってもマリオなピックアップソフト
マリオパーティ5
プレイレポート開発スタッフインタビュー

【マリオパーティ5】のページへ
詳細ページへ!

ゲームキューブソフト ●発売中 ●希望小売価格:5,800円 ●ジャンル:パーティゲーム ●プレイ人数:1〜4人
イラスト
 クリスマスといえば、クリスマスパーティ。みんなで集まったら、楽しくゲームをするのがもはや定番。そんな時は、『マリオパーティ5』でワイワイ盛り上がっちゃおう! 今作は、ひとりでもみんなでも楽しく夢の世界で遊べちゃうのが魅力。家族で、友達で、今年はどんなパーティが始まるかな?


お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花 お花

 おなじみ『マリオパーティ』シリーズの最新作は、大幅に増えたゲームモードを携えて登場。今回のキーワードは『夢』。ユメの世界"ユメミール"に招待されたマリオたちは、ここで星の精たちと楽しいパーティに参加することになったのです。

 今回のゲームモードは、みんなで盛り上がれる『パーティモード』、1人プレイ専用でミニクッパと競い合う『ストーリーモード』、見つけたミニゲームをプレイできる『ミニゲームモード』、マッシーンに乗ってガチンコ対決の『スーパーデュエルモード』、すごいおまけがある『すごいおまけモード』などなど。ゲームモードだけでも盛りだくさん、もちろん新キャラクターも増えて、全ての面でパワーアップしたのが一目瞭然ですね。

 まず編集長は、ルイージを使って『パーティモード』をプレイしてみました。多人数用ではありますが、ほかのプレイヤーをCPUが担当してくれるので、1人でも問題なくプレイできて安心です。キャラクターの強さも設定できるので、ミニゲームに自信がない人はちょこっと操作してみるといいかも。

 今回の目玉は"カプセル"。ガシャポンのような機械がボード上に置いてあり、各種アイテムの入ったカプセルが3つまで持てるのです。このカプセルはボーナスアイテムであれば、所持しているプレイヤー本人が使うこともできるし、ボード上のマスに埋めることも可能。出てきたのがお邪魔アイテムなら、他人の足を引っ張ることだってできてしまうのだ! わっはっは! …などと腹黒いことを考えてマスに置いてみたところ、編集長は自分が踏んで自爆するというオチが待っていたのでした。しかも何度も同じマスに止まってしまい、何度も自爆。悪いことはできないというか、運が悪いというか…トホホ。

 さて、全てが完全新作のミニゲームは全75種類。それぞれ本番前に練習することができるようになっているので、勝利を狙う人はじっくり練習してからどうぞ。編集長は練習ナシのぶっつけ本番のスリルを楽しんでいましたが、何が出てくるか分からないというのはドキドキして面白いですよ!

 多くのゲームモードやミニゲームで作られたマリオの世界は、ふつうのボードゲームでは味わえない楽しさがあり、なおかつ誰でも楽しめる気軽さがあります。一度プレイしてその楽しさを知ると、みんなで集まりたくなっちゃうというのが大きな魅力ではないでしょうか。クリスマスだけでなく、いつでもみんなで集まってワイワイ楽しむには、これ以上ないほどにうってつけのゲームです!
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面


「任天堂マガジン表紙・2003年12月号 No.65」のトップページへ 「開発スタッフインタビュー」のトップページへ