特集2:カードe+をもっと知りたい!
2-2 カードe+でこんなことができちゃった2-2 カードe+でこんなことができちゃった

接続例 さてつぎは、実際の遊び方をご紹介しましょう。
ここではコロコロコミックふろくカードe+を使って『スーパーマリオアドバンス4』『ロックマン エグゼ4 トーナメントレッドサン/トーナメントブルームーン』『F-ZERO ファルコン伝説』を使って、どういったことが起きるのかを実演!
まずGBAを2台(またはGBA-SPを2台かゲームボーイプレーヤーとGBA-SPでもOK)、そしてカードeリーダー+と各ソフトに対応するカードe+を用意。通信ケーブルも忘れずに接続し、各カードを読み込んでいきます。
++++++++++++++++++++
『スーパーマリオアドバンス4』
『チャレンジ!! トゲトゲとりで』 今回は『チャレンジ!! トゲトゲとりで』というカードをリードしてみます。
『チャレンジ!! トゲトゲとりで』は、通常のゲームソフトでは登場しない、カードe+専用のコースで、そこらじゅうトゲだらけのステージを、ゴール目指して進んでいかねばなりません。途中に存在するアドバンスコインをできるだけ拾いつつ、制限時間内でゴールできればクリアー。的確なコントローラーさばきが要求されるので、マリオをはじめとするアクションゲームが得意な人でも、かなり遊びごたえがあるはずです。

『F-ZERO ファルコン伝説』
マシンカード このゲーム、多種多様のキャラクター&マシンが用意されているのですが、はじめのうちは限られたマシンしか使えません。ステージをこなすごとに新キャラクター、マシン共に使えるようになっていくわけですが、カードe+を使えばすぐに新キャラ&マシンが追加できてしまいます。
今回リードできるカードでは、自称・正義のヒーロー、スーパーアロー操る"キングメテオ"が新たに使用可能に。ボディ自体の性能はちょっと物足りないかもしれませんが、爆発的な加速をする"ブースト"やグリップはかなり高レベル。レースに慣れてきた人は、彼でニューレコードを叩き出してみては?

『ロックマン エグゼ4 トーナメントレッドサン/トーナメントブルームーン』
『改造コード』 ロックマンは様々なチップ(=ウィルスバスティング用の武器)を装備できますが、戦闘中に手持ちのチップが尽きてしまったとき、つぎの選択まで間が空いてしまったときなどに便利なのが『改造コード』と呼ばれるカードe+。
『ウェポンチェンジ』と書いてあるカードをリードすると、手持ちのチップ以外に、"ミニボム"が使えるようになりました。これは便利ですよ! 瞬間的にBボタンでサッと投げられるので、手持ちのチップがあるときでもボタンの押し分けだけで攻撃を変えられます。これはぜひとも使いこなしたいところです。

++++++++++++++++++++
← 2-1 『カードe+』ってなに? 2-3 カードe+で新データをゲットする為に、街へ出かけよう! →

ゲーム画面ゲーム画面
「2-1 『カードe+』ってなに?」のページへN.O.M2月号のトップページへ「2-3 カードe+で新データをゲットする為に、街へ出かけよう!」のページへ