リンクがいっぱい! 『ゼルダの伝説 4つの剣+』 みんなでワイワイ プレイレポート

パッケージ
『ゼルダの伝説 4つの剣+』ゲームキューブソフト/発売日:2004年3月18日/希望小売価格:5,800円(税別・GBAケーブル同梱)/ジャンル:アクションアドベンチャー/プレイ人数:1人〜4人
+++ ソフトの詳細ページへ        
▲▲▲▲
ファン待望のシリーズ最新作、『ゼルダの伝説 4つの剣+』。これまでシリーズとしてリリースされてきたソフトと、どこがどのように違うのでしょう? 大きな期待を一身に背負って送り出される新作には、これまでにない試みが随所に生かされています。特に目を引くのはGBAとの連動システム。ワクワクと共に、体験プレイをしてみました!
1人より2人、2人より3人、でも…できれば4人!

ゲームモードは3つ。それぞれが4人までの同時プレイで楽しめるようになっています。なかには1人でプレイできないモードも。なにしろ最初からGBAケーブルが同梱されているので、これは仲間を集めてみんなで遊ぶソフトのようですね!


ハイラルアドベンチャー
4人のリンクが"シャドウリンク(悪のリンクとでもいうべき悪者)"を追って、各地で冒険を繰り広げるアクションアドベンチャー。従来のゼルダワールド的な遊び方だけでなく、4人のリンクがいなければできないプレイが求められます。
シャドウリンクGBAで水中を移動したり…
1人プレイ以外はGBAを接続して遊びます。地下に潜ったり、洞窟や民家に入ると手元のGBAに画面が展開。GBAを見たりテレビ画面を見たりで忙しい気分? でも、このキョロキョロした感じが楽しさのスパイスに。あちこちに仕掛けがあってパズル要素もたっぷり、ダンジョンの区切りもいいので、友達同士で声をかけあって遊べば盛り上がること間違いなし。


シャドウバトル
最低2人のプレイヤーが必要なモードで、テレビ画面とGBA画面を行ったり来たり、"かくれんぼ"をしながら生き残りをかけて闘うモードです。難しいことを考える必要はありませんが、生き残り方式なので、やっているうちに「ヒットアンドアウェイ」のような闘いっぷりになってしまうのがミソ。アイテムを使ったり、隠れたり、スキを見てチョイチョイと攻撃したり。やっぱり手元のGBAとテレビ間の視線の往復がカギになりそうです。
GBAでバクダンを攻撃TVでは大爆発!
どうやら正攻法で闘う人よりも、爆弾などのアイテムで挟み撃ちをしたりということができる、こずるい人が勝つゲームのような気がしてきました…。私はがんばって剣などで闘っていましたが、いちばん最初に倒れてしまうので、もう少し頭を使って非情になるべきだという感じです。合い言葉は「情け無用」?


ナビトラッカーズ
海賊のメダル ナビゲーターの声を頼りにフィールドのなかを駆け回り、海賊のメダルを番号順にゲットしていくゲームです。ひとりでもプレイ可能ですが、その場合はタイムアタックか、対戦相手としてチンクル(強さの調整可能)が指名できます。でも、これはやっぱりみんなで遊びたいモード。
TVで状況を確認して…GBAでメダルをゲット!
まず名前を決めると、画面のなかのテトラが呼んでくれるのがいきなり嬉しい。自分の名前が呼ばれるってすごいですよね! そして、途中途中でクイズやビンゴなどの小イベントが入ってくるのがまた楽しくてハマってしまいます。アイテムを集めたり、相手を出し抜いたり、クイズで賞品をゲットしたり。一瞬でも目を離すと、ほかのプレイヤーにメダルを取られてしまいますが、でもイベントも見逃したくない〜という楽しいジレンマで悩みそうです。進行具合に従って、テトラが色々と声をかけてくれるのが気持ちいいアクセントになっていて、ついつい繰り返しチャレンジしたくなるモードです。
▲▲▲▲
『ゼルダの伝説 4つの剣+』は、"1本のソフトに3つのゲームが入っている"というのがピッタリ。それぞれテイストは違いますが、すべてのモードでGBAとGBAケーブルを接続して遊ぶという"コネクティビティ"が大前提になっていて、そのシステムが完全に生かされた作りになっています。しかも2Dや3Dのシステム、音声の表現など、いろいろな技術のオンパレードで、これまでゼルダシリーズに詰め込んできた要素が大バーゲン! みたいな感じかな?

みんなで遊ぼう! 単純に言うと、これはやっぱりみんなで遊びたい。家族と、友達と、いろいろな人とその場でワイワイ遊べちゃうのが最高。「そこ乗ってよ!」「ジャマだからどいてー!」「フッフッフ。かかったな」みたいな感じで、ニコニコ(ニヤニヤかも?)しながら遊べるなと思いました。これまでゼルダシリーズに触れたことがない人も、ぜひぜひこれを機会に手に取ってみてくださいねー!


リンクなし N.O.M2004年3月号のトップページへ 「1-2 駆け込み大改変? 開発スタッフインタビュー」のページへ