ペーパーマリオRPGみんなで?それともじっくり?ゲームキューブソフトみんなで?それともじっくり?ゲームキューブソフト

ペーパーマリオRPG
ペーパーマリオRPG

ゲームキューブソフト
発売日:2004年7月22日
希望小売価格:5,800円(税込)
ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1人

・・・・・・
→ソフト詳細ページへ
ペーパーマリオRPGロゴ
・・・・・・
ペラペラの紙のような軽さ…ん? マリオが紙のように!?

これまでは3D、2Dといろいろなマリオが登場してきました。で、こんどのマリオはというと、"紙"。「紙って、あの紙?」と謎でいっぱいですが、キャラクター表現が紙のようになっているのがとってもコミカルでおもしろ〜い。クルッと回ると厚みがほとんどないので、フーッと吹いたら飛んでしまいそうです。不思議な世界でめいっぱい冒険したい人にはもってこい! ペーパーマリオRPG


ペラペラのマリオたちと冒険に出よう!

物語のスタートはピーチ姫からの手紙。「宝の地図を発見したので、宝物を一緒に探してほしい」と、宝の地図と手紙を送ってきたピーチ姫に会いに出かけると、その場所では姿が見えないことに気づきます。マリオは途中で知り合ったクリボーの女の子クリスチーヌや、気弱なノコノコのノコタロウを仲間に、ピーチ姫と宝物を捜す冒険に出発しました。その道中、行きがかり上なんだけど悪者(?)を倒さなくてはならないハメになったり、高名な"勇者"マリオならではのハプニングが続出。その巻き込まれっぷりもかなり笑えます。

登場するキャラクターや、マリオの動きを見ていると、小さい頃によく見たおとぎ話の紙芝居風の人形劇を思い出しました。紙芝居というよりは、手作りの仕掛け絵本を読んでいるような気分かも。ちょっとノスタルジックだけど、カラフルでポップな画面は、見ているだけでワクワクしてきます。つぎになにが起きるのか、楽しくてドキドキしながらゲームを進めている自分に気づきました。

背景やキャラクターだけでなく、アクションも見応えたっぷり。フィールドでもバトルでも、マリオたちの動きがとぎれることはありません。途中ではパズルめいた仕掛けも多数登場し、覚えたアクションをフル活用しないと先へ進めないことも。例えば、紙ヒコーキになったり、ただでさえペラペラなのに、さらに輪をかけてペラペラになったりと、走ったりジャンプするだけではないアクションが楽しさ満点。バトルではなぜか観客席が用意されていて、マリオたちはステージ上で闘っているのが大ウケ。やっぱり人形劇みたいな感じ?自分をアピールしたりギャラリーに邪魔されたりと、ただの作業になりがちな部分を楽しみながら操作できる、おもしろ〜いバトルシステムです。

途中で挿入されるミニゲームも種類が豊富で、いちいち笑ってしまうようなものばかり。敵キャラクターのせりふも、かなりの遊び心を感じさせるので、大人も子供もハマってしまうでしょう。これまでにない、新しいマリオの魅力がたくさん発見できる『ペーパーマリオRPG』、クーラーの効いた涼しい部屋でのんびり遊んでね。
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面
ゲーム画面


『ドンキーコンガ2』のページへ N.O.M2004年7月号のトップページへ 『レジェンド オブ ゴルファー』のページへ