『任天堂 東京制作部』とは?これまでにない"遊び"を求めて 任天堂 東京制作部これまでにない"遊び"を求めて 任天堂 東京制作部

任天堂の本社が京都にあることを知らない人は、たぶんあまりいないでしょう。これまで任天堂で働きたくても、京都という立地条件から泣く泣くあきらめた人も多いのでは? そんなあなたに朗報! じつは昨年の夏に、東京での開発拠点とでも言うべき『東京制作部』を設立していたのです。「ついに」と言うべきか、この東京進出で任天堂の新しい可能性が開けてきたと見てもいいのでは? すでに新しい人材募集などもおこなっており、採用されて即戦力としてバリバリ活躍しているスタッフもいるそうです。
・・・・・・
東京制作部とは?

東京制作部は東京・浅草橋にある『任天堂東京支店』と双子のビルの中にあります。ここで東京制作部はこれまでにない遊びを生み出そうと、厳しく楽しく、がんばっているのです。

『ドンキーコング ジャングルビート』2003年7月。京都から立ち上げスタッフが東京へ乗り込み、立地調査や通勤、業務形態までのあらゆる準備を各部署と相談しながら進め、第1作目となる『ドンキーコング ジャングルビート』の開発と共に、ついに東京制作部の活動がスタートしました。『ドンキーコング ジャングルビート』は、すでに市場に出て好評を得ている『ドンキーコンガ』で使用する"タルコンガ"を使ったアクションゲームで、今冬に発売予定。2004年5月にアメリカでおこなわれたE3(ビデオゲーム等の展示会)ではたいへん評判がよく、"Best Original Game"という賞をもらったほどの期待作です。

『タルコンガ』東京制作部が設立されてから、ちょうど1年が経とうとしているいま、現在は京都からの設立スタッフと共に、新規加入メンバーが「任天堂」という一つのチームとして"新しい遊び"を作り続けています。そして今後さらに大きな飛躍をするため、東京制作部では未知の人材を求めて両手を大きく拡げて新しい可能性を待っているのです。もしかしたら、大好きだった"あのゲーム"を作った人と、新しいなにかを作り出せるチャンスかもしれませんよ!
・・・・・・
◆東京制作部の採用情報、エントリーフォームへはこちら
・・・・・・
では、東京制作部の立ち上げスタッフである2人に話を聞いてみましょう。
→ 『東京制作部 スタッフインタビュー』のページはこちらから


『スーパーマリオボール』のページへ N.O.M2004年7月号のトップページへ 『東京制作部 スタッフインタビュー』のページへ