みんなでセッション! プレイレポート みんなでセッション! プレイレポート
パッケージ画像 ニンテンドーDSソフト
発売中
希望小売価格:4,800円
ジャンル:音楽ソフト
プレイ人数:1人〜無制限
>> 公式ページへ

ニンテンドーDSと同時発売された『大合奏バンドブラザーズ』。単なるゲームというくくりではない、"音楽ソフト"として開発されたもので、演奏・合奏・作曲までをこなす、なんとも言えない万能ソフトだというウワサ! 操作にちょっと慣れたら、鼻歌で作曲したり、アレンジしたり。もしかしてミュージシャンになるキッカケになる人が出てくるかも。
誰でもその場でミュージシャンに! 音楽の世界へレッツゴー
曲と入力方法にもすぐ慣れちゃう!
1人用・合奏用・作曲用と3つのモードの中から、1人用モード「シングルプレイ」をプレイ。ここは楽器演奏を1人で練習するのに向いています。演奏方法はビギナー→アマチュア→プロと上達にあわせてレベルアップできます。まずは初心者は"ビギナー"でゲームスタート。入力するボタンの数も少なく、リズムさえ取れればいいということで、ある意味チュートリアルのような演奏方法です。選曲もゆっくりしたものからアップテンポまで、自分の好みで選べます。どこかには知っている曲があるはずなので、そこをチョイスすれば上達も早いはず。

編集長はモロに直撃世代ということで、『Choo Choo Train』を。パートはサックス、ギター、ドラム、などのなかから好きなものをチョイス。この曲ならアルトサックスあたりがメロディーラインを取れるパート。入門編には最適なんじゃないかな? ビギナー操作なので、青い音符なら十字キーのどれを押しても、赤い音符のアイコンならABXYボタンのどれを押してもおなじです。演奏が終わると、ミス率などを計算した得点が出ます。でも得点じゃなくて、演奏しきったときの充実感がかなり高いことに気づきました。オ、オ、オモシロイ…。
ゲーム画面 ゲーム画面
セッションするとさらに楽しく!
DSワイヤレス通信機能を活かしたセッションができれば、まさに『大合奏!バンドブラザーズ』の真価が発揮されようというもの。1つソフトがあれば、8人までセッションを楽しむことが可能です。みんなでやるなら、ノリのいい曲を選ぶと盛り上がり度大。パートも熟練度別にそれぞれ設定できるので、初心者から上級者までが一緒に遊べるのが魅力です。一曲終わると、「はぁ〜」という満足のため息がもれてしまいます。みんなでやるのはやっぱり楽しいものだと再確認できますよ。もしアンプやスピーカーを持っている人がいたら、つなげて遊ぶと楽しさ倍増!

そしてエディットモードには、自分で作曲したメロディーを歌って吹き込むと、それを勝手にアレンジして楽譜に起こし、伴奏までつけてくれるありがたすぎる便利機能が。「プロ」まで上達すると、五線譜を入力して作曲できる機能が使用できるようになるので、ハナウタで作った楽譜をあとでアレンジすることも可能。バンドマンや音楽系の人にはこれ以上ないほどの便利なソフトになるはず。お手軽だけど機能充実のシーケンサーとしても大活躍で手放せなくなりそう! かなりスゴイ!

音楽に興味のなかった人、ちょっと敷居が高くて手が出せなかった人でも、絶対に楽しめると言い切れる要素が詰まっています。これをキッカケに、忘れていた音楽を楽しむ心を思い出して欲しいな、と思いました。やっぱり音楽って『音を楽しむ』って書くくらいだから、難しかったり遠いところにあるモノではなくて、本来は楽しいものなんじゃないかな? そんな風に思えるすばらしいソフトです!
ゲーム画面 ゲーム画面



リンクなしN.O.M1月号のトップページへ「満を持してついに発売! 開発スタッフインタビュー」のページへ