それにしても色々と個性的ですよね?

田邊 賢輔田邊:僕のチームは外部の方と組む形でゲームを作っているところなのですが、マリオやゼルダにまともに勝負しても勝てっこないから、それなら任天堂らしいとかではなく、みんなが見たことないようなゲームを作ってやろうといつも思っているんです。

白川 真理白川:色々ウチの会社からダメだしがでましたもんね。「アレはだめ、コレもだめって(笑) でも、それでも凝りずに「じゃあコレはいいの?ここをこうすればどお?」とかかなりくってかかりましたね。

工藤 太郎さん工藤:そういう意味では白川さんが噛み付いてくれたおかげで、僕らは仕事はやりやすかったです。ヘンに「任天堂さんのゲームだからこの辺は……」みたいな手加減は良くないですから。

田邊 賢輔田邊:はっきりいって、自分でもよく、こんな濃いゲーム、ウチで作れたなと思いますよ(笑

工藤 太郎さん工藤:そうですか?普通ですよ。キャラクターデザインを取っても、コックは普通にコックさんじゃないですか。

白川 真理白川:また、そんな一番普通そうなキャラもってきて・・・でも一見普通でも、仲良くなる前の挙動とかはあきらかに、普通じゃないですけどね(笑)。私としてはチコとチコママは衝撃的でしたけど。

津田 純さん津田:ほらまた言葉が足りない(笑)。衝撃的に良かったの?悪かったの?

白川 真理白川:・・・良いとか悪いとかって言うより、今までみたどのキャラよりもインパクトがありましたね。

工藤 太郎さん工藤:普通のおかっぱの親子じゃないですか?

田邊 賢輔白川 真理

田邊 白川:どこが普通やねん!

倉島 一幸さん倉島:でも、ボツになった設定とかも多いですよね。今だからシェフは普通にタウンにいますが、最初は畑にコック帽だけ出して埋まっていて、それをチンクルがひっこぬくと「野菜の気持ちを知ろうとしてたのに!」とか怒り出すとかって設定でしたよね。

白川 真理白川:それすんごい私のツボです!次回作でそれ使いましょーよ!!

田邊 賢輔田邊:次回作・・・


工藤 太郎さん工藤:あるんですか?

倉島 一幸さん倉島:いや、ないでしょ?

白川 真理白川:なんですか、その弱気な態度は!もし今回100万本とか売れたら絶対ありますよ!

津田 純さん津田:100万・・・

倉島 一幸さん倉島:あっ、でも、サントラとか出せたら嬉しいかも?

津田 純さん津田:手前ミソですけど、BGMはいいですよ。ネタでちょっとゼルダを参考にしたところはあるけど、気にしすぎるとチンクルっぽさがなくなっちゃうし、全体的にはオリジナルを心がけましたし。

工藤 太郎さん工藤:良い声優もみつけたし!(倉島さんをみる)

田邊 賢輔田邊:えっ?あれ、倉島さんなの?

白川 真理白川:えっ?あれ、倉島さんなんですか?

工藤 太郎さん工藤:最初はチンクルらしい声にしようと頑張ってたけど、後半はもう素だったよね。

津田 純さん津田:スタジオにこもってたよね〜。

田邊 賢輔田邊:えっ、ここってスタジオがあるんですか?

津田 純さん津田:スタジオというか、何でも部屋というか、なんせ隣の部屋です。

工藤 太郎さん工藤:ボツになって今はゲーム入っていませんが、途中でどう考えても普段の倉島の話し方そのままだろ!みたいなのもあって、その時はチンクル=倉島に見えてました(笑)

津田 純さん津田:チンクルのキメ台詞の「くるりんぱ」だけは任天堂さんが以前から使用していた素材を使わせてもらって、バトルのときのうめき声とかは、なかなかがんばってた。

田邊 賢輔田邊:それにしても、全然知らなかったですね。でもバトル時のSEなんかほんとサイコーですよね!

白川 真理白川:あの人間離れしたところとか!

倉島 一幸さん倉島:・・・

話題の先頭へもどる

もどる