開発スタッフが答える「新しいゼルダ」への疑問
『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』パッケージ 『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』 ニンテンドーDSソフト 発売日:2007年6月23日 希望小売価格:4,800円(税込) ジャンル:ペンアクションアドベンチャー プレイ人数:1〜2人 任天堂 プロデューサー 情報開発本部:青沼英二
公式ホームページへ


ギモン3:「新しいゼルダ」の「新しい」要素はタッチペンでリンクを操作することだけ?

|3|

青沼「海王の神殿(※)」は、今までゼルダをプレイされてきた方でも新鮮な感覚で遊んでもらえるはず
ゲーム画面今回は時間制限のある中を何度もくり返し挑戦することになる「海王の神殿※」というダンジョンが登場します。ダンジョンに時間制限があったとしたら、プレイヤーはそこでどういう遊び方をするんだろうかとフッと思ったんです。
そこに、「(そのダンジョンで)もし、倒せない敵が出てきたらどうなる?」というアイデアを重ねて。そんなのが出てきたら逃げるしかないじゃないですか。相手に追いかけられながら時間内にクリアしないといけないダンジョンって、すごくスリリングで面白いんじゃないかという話で。

このダンジョンは言ってみれば、従来のダンジョンの「お約束」を覆したようなものになっているので、初心者の人には難しいかなと思っていたんですが、面白いことに、まったく「ゼルダ」を遊んだことがない人にこのダンジョンを遊んでもらうと比較的スムーズに遊べているのに、逆に過去の「ゼルダ」を知っている人が遊ぶと「これ難しいよ。聞いてないよ〜」って驚いていたなんて事が開発中に起きていました。

このダンジョンでは効率良く動くことが大切なので、「メモを残して謎を解く」ということがすごく効いてきます。それを続けていくと、どんどん短い時間で攻略できるようになって、深く深くダンジョンに入っていけるという手応えがあるんです。”自分が成長したことを実感できる”という、じつに『ゼルダ』らしい部分を新しい形で楽しんでもらえると思っています。
※「海王の神殿」では、呪いにより普通に行動していると体力が時間とともに減っていってしまいます。リンクは「夢幻の砂時計」の砂が残っている間や神殿の中にわずかに残された「聖域」の中などでのみ通常通り行動できます。

青沼過去のゼルダでは何かを覚えておかないといけない謎解きはダメ けれどもメモ機能のおかげで全世界が謎解きフィールドに
ゲーム画面過去の『ゼルダ』では何かを覚えておかないといけない謎解きはダメだったんです。だって、プレイヤーはそれを覚えなきゃいけないことすら分からないんですから。「これを覚えておきなさい」と言われたらネタバレになりますし(笑)。ある情報を覚えておくべきかどうかはプレイヤーが考えないといけないことなんだけど、覚えてなかったら大変なことになりますよね。またそこに戻らないといけないわけだから。そんな不親切なゲームあるかよって、そんな謎解きはダメだよね、と。だから過去のゼルダではお約束として、今いる場所に謎解きのヒントが必ず隠されていないといけなかったんです。でも、今回はメモが残せますから、“覚えるネタ”をたくさん用意しています。

“覚えるネタ”を使える効果は色々な部分に波及していって、いままでの『ゼルダ』になかったアイデアがどんどん出てきました。でも、いままでになかった機能なので、ゲーム中の登場人物達が「メモしておかないと後悔するよ」と、口すっぱく言ってくれます(笑)。

そうなってくると、全世界が謎解きフィールドになるんですね。ある場所でメモを残しておいた事が、他の場所の謎解きに関係してくるという、この流れを一度経験すると、次からはいろんなことがどんどん気になってきて、謎解きのスケールが大きくなってくるわけです。



N.O.M7月号のトップページへ