N.O.M ニンテンドーオンラインマガジン No.111 October 2007
今月号の特集:秋の夜長は文学で知的に! 『DS文学全集』を熱く語る
DS 『DS文学全集』ロゴ
『DS文学全集』開発スタッフインタビュー
青空文庫 富田倫生氏インタビュー
酷暑、猛暑そして残暑を通り過ぎ、ようやく秋の訪れを迎えました。
夏休みに涼しい図書館で読書をした人、課題で感想文を書いた人も多かったのでは?
図書館で本を借りれば、話題の本もリクエストで入荷してくれるし、増え続ける我が家の蔵書にも響きません。
でも、「あの言い回しを確認したいな」「ちょっと読み直したいな」という時に、手元に現物があったら助かるのもまた道理です。
便利と置き場所の狭間で悩む日々、DSのソフトで解決できるかも!

というわけで今月号では、10月18日発売のニンテンドーDS用ソフト『DS文学全集』をご紹介。
開発スタッフの面々と青空文庫の富田さんに『DS文学全集』、そして文学の魅力について語っていただきました。
通勤通学に読むもよし、学校の課題に使うもよし、気になっていた作品を確認するもよし。
手軽に、気軽に、深く。秋の夜長は『DS文学全集』を手元に置いて、知的に過ごしてみませんか?
『DS文学全集』:c 2007 Nintendo / Genius Sonority Inc. c 2007 Chukei Publishing Company