『アナザーコード:R 記憶の扉』開発スタッフインタビュー

Page-7

番外編?

―― 

ずっと気になっていたのですが、アシュレイのカバンに描かれている「ピンキーラビット」は、
『ウィッシュルーム 天使の記憶』(※)にも出てきたような…

鈴木 

シングの作っているゲームの世界は、実はどこかで繋がっているんです。「ピンキーラビット」はこの世界で1950年代に放映していたアニメのキャラクターで『ウィッシュルーム』(※)の主人公カイル・ハイドも見ていたし、アシュレイも再放送で見ていたかもしれない。ほかには『ウィッシュルーム』でケビンという医者が出てくるんですけど、ケビンが働いているロビンズ病院を経営しているのが、実はリチャードとジェシカのお父さんだったりします。

※ 2007年発売のDSソフト。シングが開発。

ゲーム画面

金崎 

とある家の地下に飾ってある写真なんかも、繋がりを感じさせるものがあるかと思います。

―― 

Wiiで『アナザーコード:R』をやってから、DSの『アナザーコード』や『ウィッシュルーム』をやってみるというのも面白そうですね。