『マリオ&ルイージRPG3!!!』開発スタッフインタビュー

株式会社アルファドリーム ・窪田 博之さん(ディレクター/シナリオ)・岩崎 潤さん(バトルデザイン)・深沢 孝一さん(背景グラフィック/UIデザイン)任天堂株式会社 ・大谷 明(プロデューサー) ・佐野 友美(アシスタントプロデューサー/グラフィックデザイン)

3.やっぱり強いクッパさま(その1)

マリオとルイージとクッパ、3人の性格

―― 

以前、マリオとルイージのキャラクターの違いを表現するのに苦労されたとおっしゃっていましたが、今回はいかがでしたか?

窪田:

今回はマリオとルイージの描き方については割とすんなりと進められました。スタッフも『2』から引き継いで同じスタッフが作っておりますので、だいぶルイージの扱いに慣れてきたんだと思います。

大谷:

『3』ではいじられキャラという意味ではルイージよりもクッパに重心を置いた作りになっています。ルイージはもとの性格は臆病だけどマリオと同じく勇気も持っているキャラクターとして描かれています。

―― 

それでは、クッパの性格はどのように表現されているのでしょうか。

大谷:

普段はいじめっ子なキャラクターが映画になるとかっこいいという感じが一番わかりやすいかなと(笑)。いい意味での二枚目半として描かれているので、ドジな面とかっこいい面がバランスよく表現されているのではないかなと思います。

窪田:

これまでのゲームで性格の参考になるものが多くなかったので、手探りの作業だったのですが、逆に言えばあまり縛りがないということでもあるので、苦労はあまりなかったですね。

ゲーム画面

佐野:

大魔王としての威厳が保たれつつ、意外とコミカルなところはそのままになっていていい感じに仕上がっています。

窪田:

過去作におけるルイージみたいないじられキャラに陥ってしまわないようには気をつかいました。今回はクッパがしゃべる場面も非常に多いので、人間味というと変ですけど、ただ単に怖いだけではなくて感情のあるキャラクターとして深みが出せたかなと思います。

―― 

大魔王の威厳という点では、クッパ軍団との絡みも新鮮ですよね。

岩崎:

個人的にクッパ軍団(※)にスポットを当ててみたかったのもあって、クッパのスペシャルアタックを決めるときに、クッパ軍団を使いたいと提案したんです。シナリオに織り交ぜていったのはそこからですね。
※冒険の途中で、敵に捕らわれたクッパ軍団をクッパが助けていくことができる。
  軍団を助けることで特別な攻撃で大ダメージを与える「スペシャルアタック」が増えていく。

岩崎さん

佐野:

クッパ軍団を助けずに放置したときに、マリオたちにしゃべるセリフが見たくて助けずに行くこともあります。とてもぐっとくるセリフを軍団が言ってくれるので、ぜひ!

岩崎:

スペシャルアタックを作った自分としては、軍団を助けないプレイをオススメされるのは複雑ですが(笑)。軍団を助けるときのやりとりにも、クッパが慕われている感じが伝わってくるので、そこも見てもらいたいですね。

―― 

フィールドの動き方やアクションコマンドでもクッパらしさを感じました。

ゲーム画面

窪田:

ダイナミックさというのは今回のコンセプトの柱でもあるので、見た目の演出でしっかりと感じてもらえるようにかなり気をつけました。

深沢:

パンチひとつでもダイナミックさを感じさせなくてはならないので、細かいところですが必ず右手でパンチするとか、そういったところにこだわりました。あとは火ですね。容量を精一杯使って、綺麗な火を出すように描きました。グラフィックを描いていても気持ちよかったですし、草や木の燃え方もダイナミックさが感じられるようになっています。

大谷:

フィールドの移動だと、実はクッパも最初はジャンプする予定だったんですがそれをやめて、かわりに火を噴くアクションを入れたんです。やはりクッパは豪快にパンチやファイアを使って突き進んでほしいというのがあって、これがダイナミックさに繋がる部分になるし、マリオたちとクッパの通れるところの違いが明確になるので、ゲーム性にも生かせています。