『マリオ&ルイージRPG3!!!』開発スタッフインタビュー

株式会社アルファドリーム ・窪田 博之さん(ディレクター/シナリオ)・岩崎 潤さん(バトルデザイン)・深沢 孝一さん(背景グラフィック/UIデザイン)任天堂株式会社 ・大谷 明(プロデューサー) ・佐野 友美(アシスタントプロデューサー/グラフィックデザイン)

7.スタッフからの挑戦状?(その3)

メッセージ

―― 

最後に、読者の方にメッセージを。

深沢:

マリオもルイージも当然クッパも、ドット絵でとても生き生きと動いていると思うんです。それだけじゃなく、本当に見えないようなさりげないところで、よくわからない動きをしているキャラクターもいっぱいいるんですが、そこにも愛を込めて作ったのでぜひ注意して見てもらえると嬉しいです。

岩崎:

やはりバトルコロシアムですね。バージョンアップしたボスキャラクターだけではなくて、新しい隠しキャラクターもいるかもしれないので、最後までぜひ諦めずにチャレンジしていただければと。

窪田:

グラフィックやバトルの他では、サウンドにも非常に力を入れております。同じBGMが流れていても、クッパの体内と外側で操作を切り替えるとアレンジが変わるなど細かいところへも気をつかって音を作っていますので、ぜひ音も楽しんでください。

大谷:

泣かせるよりも笑わせるのって難しいんです。このゲームはRPGとして楽しめるのはもちろん、キャラの動きやセリフで、大笑いではなくともクスクスと笑ってもらえるネタが満載です。笑いだけではなく、ハラハラドキドキもあるし、そういった部分もすごく楽しんでもらいながらゲームをクリアしてください。そのときにやってよかったなと思える内容に仕上がってると思います。笑いながらプレイしていただきたいなと思います。

ゲーム画面

佐野:

サブキャラの動きやバトルシーンで、「こんな動きまでしているんだ」ということが本当にいっぱいあって、それを細かく見ているだけでも楽しめる作りになっています。宣伝文句としてお子さんや女性の方など幅広い人にと謳ってはいるのですが、それだけではなく、ご家族みなさんでワイワイ遊んでもらえたらいいなと思っています。

―― 

ありがとうございました。

インタビュー風景