N.O.M 2009年12月号 No.137
『530 エコシューター』開発スタッフインタビュー
『530 エコシューター』開発スタッフインタビュー
株式会社インテリジェントシステムズ ディレクター 生野敦士さん アシスタントディレクター 安藤武さん アートディレクター 法本和仁さん任天堂株式会社 プロデューサー 田邊賢輔 コーディネーション 田端里沙 デバッグ 長谷川慎
最後に

それでは読者のみなさんに向けてメッセージや、注目いただきたいポイントなどをお願いします。

法本

ガンシューティングやFPSって、難易度的な問題だったり、暴力的だったりグロテスクな表現も多かったりして、あまり日本では流行っていないジャンルだとは思うんですけど、これは純粋に撃つことを楽しめるゲームになっています。「缶を撃つってヘンなゲームだな」というところからでも、手に取っていただければと思います。

長谷川

サウンド、特にオリジナルの歌が入っているのも特徴になっています。デバッグスタッフも気に入ってましたね。あと、画面内でいろんなことが起こるので、それがわかるように重要なサウンドはハッキリ聞かせようということや、3D空間の臨場感を増すためにドルビーのサラウンドシステムも使っています。ドルビープロロジックIIが再生できる環境をお持ちの方は、是非サラウンドで楽しんでもらいたいですね。

田端

私は同じFPの『メトロイドプライム』シリーズを1から担当していまして、日本だとFPということで食わず嫌いというか、敬遠されがちなのが残念だなと思っていたんです。『530 エコシューター』の間口は広いので、これでFPSって面白いなと感じてくださる方が増えればいいなと思っています。

安藤

シンプルなゲームなんですけど、だからといって単純というわけではなくて、たんにクリアすることだけを目的にもできるし、ハイスコアも目指せる。遊び方としては深いものにできたと思いますので、是非楽しんでいただければ。あと、ドラム缶をかなり自由に配置させていただきましたので、あんなところにある!みたいな感じで探してみてください。

田邊

このゲームに限って言えば、缶しか撃たないので小さなお子様でもバッチリOKです(笑)。シューティングの快感もあるし、たんに弾をばらまくゲームでもない。狙って撃つ練習を積むとGEが足りなくなることもないですし、スキルアップを実感してもらえると思います。折角なのでWiiザッパーで遊んでいただいて、もちろん持ってない人はWiiザッパーなしでも遊べるんで、シューティングを楽しんでいただければと思います。

生野

撃って回収してマネジメントする部分と、引き金を引いて撃った時の感覚はこだわりを持って調整したので、そこを感じていただければ……いいなと。また次もがんばっていきますので、よろしくお願いします。