decoration

4.「僕のゲームっていつも『その他』なんです」

N.O.M

森川さんは、絵を描くのと企画を考えるのは同時なんですか?

森川

そうですね。キャラクターを考えながら、それを動かすアルゴリズムだったり、ゲーム全体の構造だったりが一緒にからみあって出てきます。

大澤

一緒にお仕事させていただいているクリエイターさんの中でも森川さんや岩井俊雄さんは絵を描かれます。伝える方法がテキストだけじゃないので、説得力があります。

森川

しゃべっていると、自分の中にある完成形がなかなか伝わらないもどかしさで面倒くさくなって、もう描いちゃうんですね。

photo13

N.O.M

DSiショップでのゲームのジャンル表示はどうなるんですか?

大澤

「おまかせソングメーカー」ですね。

森川

そういうジャンルだったんだ(笑)!

大澤

「作詞・作曲ツール」とかだと堅苦しいじゃないですか(笑)。

森川

僕のゲームって、いつも「etc.」とか「その他」になっちゃうんです。たまにはRPGとかも作ってみたいですよ。僕の作るRPGに需要があるのかって話ですが。

photo14

N.O.M

マップや村人の会話が全部自動生成されたり……

森川

結局また「その他」になりそうじゃないですか(笑)。

大澤

僕らも森川さんにはそれを期待するし、ありきたりなRPGやシミュレーションゲームを作ってほしいとは思いませんし、やっぱりこれからも誰も見たことがない、どのジャンルにも属さないようなものを考えていただきたいですね。

森川

ゲーム業界のパーティに行ったりすると、居場所がないんです。

一同

(笑)

森川

奇をてらっているつもりはないんですよ。いつもメジャーなものを作りたいと思っているんです。

大澤

でも、ついそっちに行っちゃう、気がついたらそっちに行ってる。

森川

それは外の人から見た評価ですからね。

大澤

奇をてらうのは、ほかの人が本当はやりたくない、やらないようなことをあえてやるということですからね。森川さんの場合は、自分のやりたいことをやっていたら、たまたまそれが奇異に見えることがあるというだけで。

森川

それ褒め言葉なのかなあ(苦笑)。

大澤

僕らはこれからも森川さんと変なものを作っていきたいですし、変なものを作り続けられるように努力はします! こんなことを言っていたら、次に変なRPGが出るかもしれません(笑)。

photo15
読者へのメッセージ

森川

ちょっとかたいことを言えば、基本的にゲームって消費するだけ、受け身のものが多いと思うんですが、『さるバンド』はちょっと作り手側に回れるゲームになっています。そっちの方が面白いですし、敷居は低くなっていると思いますので、是非参加する遊びを味わっていただければ。みなさんのワンクリックが私たちを助けますので、よろしくお願いします(笑)。

大澤

ずっと手元にサルを置いておいていただければ、きっと幸せな気持ちになれるかと思います。僕もあらためてダウンロードして堪能します!(笑)。

photo16

decoration