Nintendo Online Magazine No.152 March 2011

ニンテンドー3DS

メイン画像
メイン画像

4. 思い出きろく帳

画面写真

ニンテンドー3DSが歩数計に!

画面写真
「毎日のきろく」から、ニンテンドー3DSと一緒に歩いた歩数のグラフを見ることができます。グラフは1日/1週間/1カ月/1年ごとの表示に切り替えることもでき、最大で約10年分もの記録を残しておくことが可能です。また、歩数の記録以外に、ニンテンドー3DSでどのくらいの時間ゲームをプレイしたかも同じようにグラフで表示することができます。
3DSの電源がONの状態で、本体の蓋を閉じていれば、歩数の記録は自動的に行われるので、「思い出きろく帳」をずっと起動している必要はありません。いつも一緒に3DSを持ち歩いてさえいれば、特に何もしなくてもいいのでカンタン、というよりラクチンです。
画面写真
ふと気づいたときに「毎日のきろく」を見るだけで、自分が運動不足なのかどうかわかって便利なので、ぜひ覚えておいてほしい機能です。ただし、本体の蓋が開いているときや、バッテリーが切れてしまったとき、電源がオフのときは記録できないので、注意しましょう。
ワンポイント
画面写真
ニンテンドー3DSを持ち歩いて100歩歩くごとに「ゲームコイン」を1枚ゲットできます。ゲームコインは1日10枚まで、最大300枚ためることができ、HOMEメニューのいちばん上に現在の枚数が表示されます。ゲームコインは対応ソフトで使用することができ、たとえばアイテムと交換できたり、隠しステージをプレイすることができたりするので、その点でも、3DSはできるだけ一緒に持ち歩いておくのがオススメです!

遊んだゲームの履歴がわかる!

「思い出きろく帳」の「ソフト図鑑」を開くと、ニンテンドー3DSで過去に遊んだソフトのアイコンがズラッと並んでいます。
画面写真
アイコンをタッチすると、そのソフトで遊んだ時間や回数、初めて遊んだ日などの情報を表示できます。ここも歩数の記録と同じように、自動で記録されていき、最大で256本まで保存されるようになっています。遊んだゲームのアイコンをドンドン集めれば、コレクションとして見るだけでも楽しいかも!?
もちろん、友だちのソフト図鑑を見せてもらうのも面白いでしょう。友だちとRPGなどのゲームを短時間で全部クリアする競争をするようなときには、この「ソフト図鑑」のデータを証拠にもできそうです。
画面写真
「ランキング」からは、遊んだ時間や回数などのランキング順に表示することもできます。ランキングを並べ替えてながめていると、意外なゲームを長時間プレイしていたり、たくさん遊んだつもりで意外に短時間だったり、といった思わぬ発見があります。
ワンポイント
画面写真
「ソフト図鑑」では、ソフトの情報を好きなように並べ替えることももちろんできます。
また、ソフトのアイコンを選んで右下のゴミ箱をタッチすれば、そのソフトのプレイ情報を消すこともできます(※)。
※ プレイ情報を消去した後、もう一度同じソフトで遊ぶと、消去する前のプレイ時間などの情報が足されて表示されます。