文化活動・クラブ活動など 〜ゲーム以外での活躍ぶり〜 文化活動・クラブ活動など 〜ゲーム以外での活躍ぶり〜
 



 
●なんとハリウッドへ進出!!●
 ファミコンで『スーパーマリオブラザーズ』がブレイクしてから、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの各メディアに、マリオはいろ〜んなカタチで登場した。アニメ映画というカタチで、スクリーンにも登場したりした。
 そして1993年には、なんとハリウッドで、SFXがふんだんに使われた実写映画も製作されちゃったんである! タイトルは『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』。そのストーリーはこんなカンジだ。
 女性恐竜学者デイジーからの要請で、水があふれだす発掘現場にかけつけた、配管工のマリオとルイージ兄弟。しかし、そこにあらわれたトンネルの向こうに、デイジーが消えてしまう。後を追ったマリオたちが迷い込んだのは、クッパ大王が支配する恐竜たちの住む世界。クッパたちはどうやら、人間たちの住む世界を狙っているようなのだが・・・・。
 クッパ役を、あのデニス・ホッパーが演じたとあって、映画ファンの間でも注目を集めた作品だったのだ。
 

●イギリスのミュージックシーンでも大ウケ!●
 ゲームのBGMを収録したモノ、それにボーカルをつけるなどしてアレンジしたモノなど、マリオ関連のレコード、CDというのもいろいろリリースされた。
 そんななかでもキワだってスゴイのが、『スーパーマリオランド』というシングル。コレはイギリスの音楽プロデューサーが制作し、イギリスで発売されたものだ(のちに日本でもリリースされた/アルファレコード 1500円(税込))。内容は、ゲームボーイ版『スーパーマリオランド』のサウンドをサンプリングしてリミックスした、テクノミュージック。コレが、なんと全英チャート8位を記録するという快挙だったんだ!!
 続編なども発売され、日本のクラブシーンでももてはやされた。リコ編も、コレに合わせて踊った思い出があるヨッ!
 

●日本中にあふれるキャラクターグッズ!!●
京都信用金庫のキャッシュカード ファミコン版『スーパーマリオブラザーズ』の大ヒットをきっかけに、マリオのイラスト入りのキャラクターグッズが日本中にあふれかえった。そして、いまもなお、新しいグッズが企画され、世に出ている。
 文房具や食品なんかがポピュラーだと思うが、いろいろと変わり種もあるので紹介しよう。まずは、京都信用金庫の通帳とキャッシュカード。地元プロ野球チームのマスコットのイラストなどが入ったものをよく見かけるけど・・・・さすが京都!!

フアフアスーパーマリオ それから、本領ともいえる遊び関係。よく、イベント会場などにおいてある、大きなトランポリンハウス(!?)・・・・って言って分かるかな? こどもたちに大人気のアレ。アレで、マリオを形どったものがあるんだ。正式名称はタスコ株式会社の『フアフアスーパーマリオ』。定員は20人だそうだけど・・・・やっぱり、こども20人ってことなのかしらん?

 遊び関係でもうひとつ。日本ブランズウィック株式会社の『ボウリングオートマチックスコアラー』にもマリオが登場する。スコアがモニターに表示されるアレだ。

大阪空港交通のリムジンバス のりものもある。大阪空港交通のリムジンバスには、ボディにマリオの絵が描かれている。関西国際空港−京都間などを走っているぞ。
 



 
1つ上の階層ページへ 推薦状その1のページへ 職務経歴書のページへ