花札・株札

HANAFUDA / KABUFUDA

花札の歴史
花札の歴史は安土・桃山時代の「天正かるた」、江戸時代上期の「ウンスンカルタ」から、江戸時代中期に現在使用している花札ができたと言われています。
花札ゲームの中でも2人でプレイする「こいこい」は、勝負勘・度胸・かけひき・冷静さを必要とする知的ゲームです。

こいこいの遊びかた

人数
2人で遊びます。3人以上の時は、親の決めかたと同じ方法で2人にしぼります。
親の決めかた
裏向きの札を1枚ずつめくり、月の早いほうが初回の親となります。
※できれば、ジャンケンやサイコロで決めるのは控えてください。
使用札
1組48枚。2組(黒・赤)を交互に使うとスムーズに進行します。
プレイの開始
親が"子の手札(裏向け)→場(表向け)→親の手札(裏向け)"の順に2枚ずつ配っていき、各手札8枚、場に8枚(手八の場八)の状態にします。残りは山札として裏を向けて積んでおきます。

まず、親から順番に手札の1枚を場に出し、同じ月の札があれば合札とし、ない場合は捨て札となります。
次に山札から1枚をめくり、同様に同じ月の札があれば合札とし、ない場合は捨て札となります。
合札は自分の札となり自分の前に、表を向けて並べておきます。

このように進めていき、手札がなくなる前に、出来役ができればプレイを止めます。また続けて勝負することもできます。勝ったほうが親となり、次のゲームが始まります。

  • 親は先手なので有利です。
  • どちらも役ができない場合は、ノーゲームとなり親が交代します。
勝負、こいこい
出来役ができ、さらにもっと大きな役が期待できそうな場合、「こいこい」と言って、ゲームをさらに続けることができます。
ただし、自分に次の役ができる前に相手に役ができた時は、得点の倍返しとなります。
ゲームのコツ
とにかく出来役を早くつくることです。後はかけひきです。
得点計算
7点以上は倍の得点となります。
12回戦で終了し、合計点の多いほうが勝ちです。
手札の役
最初に配った手札8枚に、次の役ができていた場合は、その得点をもらい、次の回となります。
手四(てし): 同じ月が4枚あるとき…… 6点
くっつき: 同じ月が2枚ずつ4組…… 6点
特別な札
「菊に盃」は、10点札とカス札としても通用します。
出来役一覧
ところによっては、役・点数ともに異なることもありますので、プレイの前に打ち合わせをしてください。
  • 1. 五光(10点)
  • 2. 四光(8点)雨入り四光は7点とする。
  • 3. 三光(5点)雨以外の20点札3枚
  • 4. 花見で一杯(5点)4と5は省いてもよい。
  • 5. 月見で一杯(5点)4と5は省いてもよい。
  • 6. 猪鹿蝶(5点)他の10点札が1枚ふえるごとに1点プラス
  • 7. 赤短(5点)他の短冊札が1枚ふえるごとに1点プラス
  • 8. 青短(5点)他の短冊札が1枚ふえるごとに1点プラス
  • 9. タネ(1点)10点札5枚、10点札1枚ふえるごとに1点プラス
  • 10. タン(1点)短冊札5枚、短冊札1枚ふえるごとに1点プラス
  • 11. カス(1点)カス札10枚、1枚ふえるごとに1点プラス
  • 12. 赤短・青短の重複(10点)他の短冊札が1枚ふえるごとに1点プラス

さらに表示
札の知識
1年を12か月に分けて、各月ごとに花鳥風月をとり入れています。
※札の下にある点数は「こいこい」以外のゲーム、「花合わせ」「八八」の得点計算で使用するものです。
  • 1月 松に鶴
  • 2月 梅にうぐいす
  • 3月 桜に幕
  • 4月 藤にほととぎす
  • 5月 菖蒲(アヤメ)に八ツ橋
  • 6月 牡丹に蝶
  • 7月 萩に猪
  • 8月 ススキに月・雁
  • 9月 菊に盃
  • 10月 紅葉に鹿
  • 11月 小野道風にカエル、柳にツバメ
  • 12月 桐に鳳凰

さらに表示
「トランプ・花札など」トップ