遊びかた:ダウト

遊びかた

人数
3~8人
使用カード
ジョーカーを除く52枚
概要
うまくウソをつきながら手札を出していき、手札をなくします。
  • 誰か1人でも手札がなくなったらゲーム終了です。
    その時点で、残っている手札の少ない順に順位が決まります。
用語
ダウト

英語で「ウソだ」という意味です。ウソのカードが場に出たと思ったら、「ダウト」と宣言します。

ルール
  1. カードをシャッフルし、全員に均等に配ります。
  2. 1人ずつ、カードを裏向きにして場に出していきます。カードはA→2→3…Q→K…の順番で出すきまりなので、1番目のプレイヤーは「A」と言って、カードを出しましょう。
    • ♠♣のどのカードでも出せます。
    • 一度に最大4枚まで出せます。
  3. 4番目のプレイヤーなら「4」と言ってカードを出します。順番どおりのカードを持っていなかった場合、ほかのカードをこっそり出してしまいましょう。
  4. カードが出されるたび、ほかのプレイヤーは順番どおりのカードかどうかを見きわめます。「このカードは違う」と思ったら、「ダウト」と宣言しましょう。
  5. 宣言があれば、実際にカードをめくって確かめます。
  6. もし順番と異なるカードが出されていたら、ウソを見破られたプレイヤーにペナルティがあります。場のカードをすべて、手札に足さなくてはなりません。
    • カードを同時に2枚以上出していた場合、1枚でも異なるカードがあればウソになります。
  7. 逆に、順番どおりのカードがきちんと出されていた場合は、「ダウト」と宣言したプレイヤーが場のカードをすべて手札に足すことになります。
  8. 誰も宣言せず、次のプレイヤーがカードを出したら、順番は次のプレイヤーへと進みます。
    • この場合、カードは裏向きのままで見ることができません。
  9. この流れをくり返し、誰か1人でも手札がなくなったらゲーム終了です。最初に手札がなくなったプレイヤーが1位、あとは手札の少ない順に2位、3位…と順位が決まります。
【ゲームのコツ】
  • 自分の手札に同じ数字のカードが4枚あるとき、ほかのプレイヤーがその数字のカードを出したら、それはウソということになります。「ダウト」と宣言しましょう。
  • 出すカードの順番は最後まで変わらないので、自分が出す数字を先読みできます。必要なカードはとっておきましょう。
  • このルールはニンテンドーDSソフト『だれでもアソビ大全™』に準じています。
    ご紹介したルールは、お住まいの地域や仲間同士で遊ぶときのルールと異なる場合があります。
ほかの遊びかたを見る
ダウト
スピード
スローモー
ポーカー
セブンブリッジ
「トランプ・花札など」トップ