ファミリーコンピュータ ディスクシステム
感動再び・・・。今明かされる、トライフォースの謎。

感動再び・・・。今明かされる、トライフォースの謎。

THE LEGEND OF ZELDA2 リンクの冒険

物語

物語1

ハイラルは荒廃の一途をたどる一方でした。ガノンの邪悪な心の残した力が、ハイラルの秩序をすっかり乱していたのです。そのうえ、ガノンが倒されたあとも、その一部の手下たちはハイラルに残り、ガノン復活の機会をうかがっていました。
復活の鍵、それはガノンを倒した者――リンクの血でした。リンクをいけにえにし、その血を灰になったガノンにふりかけることにより、ガノンは復活するのです。

物語2

いっぽうリンクは、この小王国に残り、ハイラルの復興に力を貸していましたが、状況はよくありませんでした。そんなある日、16歳の誕生日を迎えたリンクの左手の甲に、不思議なあざが浮き出てきたのです。
そのあざは、まるで王国の紋章のようでした。気になったリンクは、ゼルダ姫の乳母である、インパの元にでかけました。あざを見たインパは、驚き、あわてふためきましたが、冷静さを取り戻すと、リンクを北の城に連れていきました。

物語3

北の城には、開かずの扉というものがあり、その開け方を知っているのは、代々王家に仕えるインパの家系を継ぐ者だけでした。
インパはリンクの左手をとると、その扉に手の甲を押し当てました。するとどうでしょう。錠前のはずれる音がして、扉がきしみながらゆっくりと開いていくではありませんか。そして、その部屋の中央には、大きな祭壇があり、そこには美しい女性が横たわっていたのです。「あのおかたが、初代ゼルダ姫じゃよ」インパはおちついた口調で話しはじめました。

物語4

「リンク、おまえにハイラルに伝わる『ゼルダの伝説』を語らねばならない時がきたようじゃ。昔、まだハイラルが1つの国だったころ、偉大なる王がトライフォースを使って、ハイラルの秩序を保っておったそうじゃ。しかし王もまた人の子、寿命尽きて亡くなられた。そして、この国の王子が次の国王となり、そのすべてを受け継ぐはずだったのじゃが、トライフォースだけは不完全にしか受け継ぐことができなかったのじゃ。王子はその足りないものを求めて、ありとあらゆる所を捜したが、なかなか見つからなかった。そんな時、王の側近の魔術師が思わぬ知らせをもってきたのじゃ」

物語5

「魔術師は、どうやら王は死ぬ前に、この王子の妹の初代ゼルダ姫だけにトライフォースについての何かをしゃべったというのじゃ。さっそく王子はゼルダ姫を問い詰めたのじゃが、姫は決して口を割ろうとはしなかった。いっこうに聞き出すことができない王子にかわり、今度は魔術師が、しゃべらないのなら永遠に眠り続ける魔法をかけるとおどかしたが、それでも姫は、しゃべろうとはしなかったのじゃ。業を煮やした魔術師は、本当に魔法をかけようとし、おどろいた王子は、呪文を唱えるのをやめさせようとしたが、魔術師は王子をはじきとばし、さらに呪文を唱え続け、そしてとうとう呪文を全部唱え終えてしまったのじゃ。
ゼルダ姫は、その場に崩れ落ち、いつ覚めるともない眠りに入ってしまった。と同時に、魔術師もその場に倒れ、絶命していたそうじゃ」

物語6

「王子は大いに嘆き悲しみ、ゼルダ姫をこの部屋に置いたのじゃ。いつかきっとよみがえることを願ってな。そして、この悲劇を二度と忘れぬようにと、代々王家に生まれる女の子には、必ず『ゼルダ』と名付けるように命じなさったのじゃ」インパは、ゼルダ姫の眠る祭壇の横の台の上より、やはり同じ紋章のある1本の巻物と、6つの小さなクリスタルを取り、リンクに手渡しました。「リンク、それは偉大なる王が、きたるべき時のために用意しておいたものを、私の一族が代々伝えてきたものじゃ。古代の文字で書き記してあるもので今では誰も読めぬが、紋章を持つそなたなら、読むこともできよう。それにはトライフォースを完全なものとする鍵が隠されているという。さぁ、読むがいい」

物語7

リンクは半信半疑で、巻物に目を通しました。するとどうでしょう。今まで見たこともない文字なのに、まるで文字のほうから語りかけてくるように読むことができるのです。その巻物には、こんなことが書かれていました。『後世のトライフォースを操るものよ。そなたにトライフォースの秘密を伝えよう。トライフォースには、3枚の種類がある。すなわち“力”、“知恵”、そして“勇気”。この3枚のトライフォースを合わせた時、トライフォースはその最大限の力を発揮するのだ。3枚のうち、“力” と“知恵” の2枚は王国に残すから受け取るがよい。しかし“勇気” のトライフォースは理由あって私が隠した。トライフォースは誰でも使えるというわけではない。悪しき心を持たぬしっかりとした人格も必要だが、生まれながらの特殊な素質も必要なのだ。残念ながら私の生きている間に、そのような人物を見つけることはできなかった』
『それで私はハイラル全土に魔法をかけることにしたのだ。素質を持った人間が道を誤らずに育ち、さまざまな経験を積み、ある年齢に達した時、紋章が現れるようにな。しかし、もしそれまでに、他の誰かがトライフォースを使えばどうなるだろうか。使い方を誤れば、さまざまな悪を産み出す』

物語8

『“勇気” のトライフォースは、ハイラルで一番大きい島の“死の谷” にある大神殿に隠してある。しかし、そこに入るには、まずハイラルにある6つの神殿で、守護神と戦い、“結界” を解かねばならぬ。これらの守護神は、私が神殿に外敵が侵入するのを防ぐために作ったものだ。そして守護神を倒したら、その奥の石像の額にクリスタルをはめこむのだ。6つの神殿のすべての石像にクリスタルをはめ終わった時、“死の谷” に張られた“結界” は解け、大神殿に入ることができるようになる。そこでそなたは、最後の守護神と戦うことになる。その守護神を倒してはじめて、トライフォースを手にすることができるのだ。恐れることなかれ、そなたならきっとトライフォースを得ることができよう。そしてハイラルの希望の光となることを願う』

物語9

巻物を読み終わり、ゆっくりと顔を上げるリンクにインパは嘆願した。「初代ゼルダ姫にかけられた魔法も、トライフォースを使えばきっと解けるはずじゃ。リンク、お願いじゃ、トライフォースを完全なものにし、姫を救っておくれ。そして、平和なハイラルを取り戻しておくれ」リンクは無言でうなずくと、祭壇のほうを一目みて部屋を後にしました。そしてリンクは一人旅立っていきました。左手にマジカルソード、右手にはマジカルシールドを持って。いっぽうそのころ、ガノンの手下たちは魔界より新たな仲間を呼び寄せ、ガノン復活にむけて動きはじめようとしていたのです……。

prev
next

物語

hyruleマップ

ハイラルの土地のどこかにある6つの神殿。

各所に潜むガノンの手下たちと戦い、経験を積み、

あちこちの町に立ち寄りながら情報を集めます。

地上では
見下ろし式でフィールドを移動します。出現する敵に当たると、戦闘画面に切り替わります。
戦闘や町の中では
横スクロール式で移動します。町の中では、人々に話しかけることができ、いろいろなことを答えてくれます

冒険のしらべ

戦いの基本
戦いの基本は剣でダメージを与え、
シールドで攻撃を防ぎます。

剣士から技を教わると、「ジャンプ突き」や「下突き」ができるようになります。
ジャンプ突き
下突き
経験を積むことで、3つの要素のうち
1つのレベルを上げることができます。

ATTACK
ATTACK
一度の攻撃で敵に与える
ダメージが大きくなります。
LIFE
LIFE
リンクの体力です。攻撃を受けた時、
ダメージを受ける量が減ります。
MAGIC
MAGIC
マジックを使った時の
マジックポイントを使う量が変わります。
冒険を続けるといろいろな
マジックが身につきます。

町にはマジックを教えてくれる人がいます。条件を満たしていないと、教えてもらえないことも?
剣の先から火を
出します。
ヒットポイントを
回復してくれます。

モンスター

ハイラルの地方には、徘徊しながらリンクの行く手をさえぎる
強敵が出現します。

ビト
ボト
エーク
ゲルドアーム
ローダー
ゴーリア
モリブリン
ディーラ
モービー
オクタロック
ダイラ
モア
アイアンナック
ミュー
スタルフォン
prev
next