Wii Uの「保護者による使用制限機能」について

HOMEサポートWii Uの「保護者による使用制限機能」について

保護者による使用制限

お子様がプレイされる際にお伝えしたいこと。

「保護者による使用制限」のご紹介

「保護者による使用制限」とは、お子様によるゲームの使用やニンテンドーeショップでの購入を制限したり、一部の機能(Miiverseなど)の使用を制限したりすることができる機能です。「保護者による使用制限」にはWii Uの機能に関する制限と、Wiiの機能に関する制限の2種類があります。


ゲーム画面

Wii Uメニューで、このアイコンをクリックすると設定画面に移動することができます。

「Wii U™」の機能に関する制限

Wii U用のソフトに対する制限やWii Uの本体に関わる機能の制限を行えます。ユーザー(※)ごとに異なる制限を設定することもできます。具体的に制限できる項目は次のとおりです。

(※)Wii Uでは、家族など複数人で使用する場合、遊ぶ人をそれぞれユーザーとして追加することで、ゲームのセーブデータや遊んだ時間などをユーザーごとに保存/管理することができます。

年齢制限

CEROの年齢区分に基づき、お子様の年齢にふさわしくない表現を含んだWii U用ソフトについて、ソフトの起動を制限できます。

※ニンテンドーeショップを利用中もCEROの年齢区分に基づき、自動で購入が制限されます。

※Wii専用ソフトを制限するには、「Wiiメニュー用の設定」で設定してください。

ゲームソフトの通信機能

ゲームソフトでの通信機能(チャットや通信プレイなど)を制限できます。

インターネット
ブラウザーの使用

お子様にふさわしくない表現を含むWebページの閲覧を防ぐために、インターネットブラウザーの起動を制限します。

ニンテンドーeショップ等での商品やサービスの購入

ニンテンドーeショップなどでの、クレジットカードの使用やソフトの購入などを制限できます。

Miiverseの使用

ほかのユーザーとの不適切なコンテンツのやりとりや、嫌がらせを防ぐため、Miiverseの閲覧や投稿を制限します。

※MiiverseはWii U以外にも、スマートフォンやパソコンなどのインターネットブラウザー、3DSシリーズからも利用することができますが、この項目で制限できるのはWii Uからの利用のみです。
3DSシリーズからの利用を制限する方法は こちら
スマートフォン、パソコンなどからの利用を制限する方法は こちら

フレンドの登録

フレンドの新規登録を制限します。

ゲーム以外のソフトの使用

ゲーム以外のソフト(動画視聴ソフトなど)や、新しいサービスを使う前に、保護者の方に内容をご確認頂くための画面を表示します。

※年齢制限の項目で制限されないソフト(全年齢対象を除く)が対象です。『インターネットブラウザー』や『ニンテンドーeショップ』『Miiverse』を制限する場合は、それぞれの項目で設定してください。

データ管理

Wii Uソフトのセーブデータの消去や移動を制限できます。

※Wii専用ソフトやWiiメニュー上での制限はできません。

インターネット設定

インターネット接続の追加や変更、消去を制限できます。

※その他、ユーザーの追加や本体の初期化なども自動的に制限されます。
※一部の機能はWii Uをインターネットに接続することで制限していただけるようになります。
※制限できる項目は、本体の更新によって変更になる場合があります。

「Wii®」の機能に関する制限

Wii用のソフトやWiiチャンネルの使用などWiiの機能に関する制限は、すべてのユーザーに同じ制限が適用されます(ユーザーごとの設定はできません)。複数のお子様の使用を制限したい場合は、最も低い年齢のお子様に合わせて設定してください。具体的に制限できる項目は次のとおりです。

年齢制限

CEROの年齢区分に基づき、お子様の年齢にふさわしくない表現を含んだWii用ソフトについて、起動や、Wiiショッピングチャンネルでの購入を制限できます。

Wiiポイントの使用と
物品・サービスの注文

お子様が、保護者の方の同意なしにWiiショッピングチャンネルでWiiポイントを使用しないように制限できます。

※ポイントの購入は制限されません。

一部のソフトの
ネットワーク機能

ゲームソフトでの通信機能(チャットや通信プレイなど)を制限できます。

年齢制限に対応していない一部のコンテンツの視聴

「年齢制限」の項目で制限できない一部のソフトでの動画の視聴を制限できます。