Nintendo Switch サポート

データの管理

Nintendo Switchに保存できるデータと、その管理方法をご案内します。

保存できるデータの種類

  • ソフトのデータ
  • セーブデータ
  • コントローラーのキャプチャーボタンで撮影した画面写真

ソフトのデータとは

ダウンロード版ソフトや、追加コンテンツ、更新データなどソフトの関連データのことです。
(セーブデータは含まれません)

データの保存先

データの種類によって保存先が変わります

ソフトのデータ / 画面写真

microSDカードを差し込んでいる場合は、その中に保存されます。ソフトのデータはmicroSDカードの容量がいっぱいになると本体保存メモリーに保存されます。

画面写真の保存先はHOMEメニューの「設定」→「データ管理」→「大切なデータの管理」→「画面写真の管理」で設定することができます。

HOMEメニュー>「設定」
「データ管理」>「大切なデータの管理」>「画面写真の管理」>「保存先」
セーブデータ

本体保存メモリーに保存されます。
パッケージ版ソフトの場合でも、ゲームカードの中には保存されません。microSDカードに保存することもできません。

ソフトのデータの整理

Nintendo Switchでは、ソフトのデータを整理して保存先の空き容量を増やすことができます。データの整理を行うと、ソフトアイコンだけを残してソフト自体を消去します。
セーブデータには影響がありません。

整理するには、HOMEメニューで整理したいソフトを選び、+ボタンまたは−ボタンを押してオプションを表示します。

「データ管理」>「データの整理」

整理したあとは、HOMEメニュー上にソフトアイコンだけが残ります。ソフト名の前には整理済みのマークが付きます。
そのソフトアイコンを選ぶとソフトを再ダウンロードできます。

配信を中止または終了したソフトは再ダウンロードできないことがあります。

ソフトアイコンも消去したい場合は

消去したいソフトを選び、オプションの「データ管理」→「ソフトの消去」を選ぶと、ソフトのデータをすべて消去します。セーブデータには影響がありません。

大切なデータの管理

画面写真

HOMEメニューの「アルバム」を選び、画面写真の一覧画面でXボタンを押すと、1枚ずつ「えらんで消去」できます。

HOMEメニュー>「アルバム」

まとめて管理したい場合は、HOMEメニューの「設定」→「データ管理」→「大切なデータの管理」→「画面写真の管理」を選んでください。
すべて消去したり、microSDカードと本体保存メモリー間でデータをコピーしたりすることができます。

HOMEメニュー>「設定」>「データ管理」>「大切なデータの管理」>「画面写真の管理」

セーブデータ

遊んだ記録がつまっているセーブデータは、とても大切なデータなので、なくさないよう本体保存メモリーに保存されます。
HOMEメニューの「設定」→「データ管理」→「大切なデータの管理」→「セーブデータの消去」でソフトごとに消去できます。

HOMEメニュー>「設定」
「データ管理」>「大切なデータの管理」>「セーブデータの消去」

すべてのデータを消去する

本体の初期化で、すべてのデータをまとめて消去して、購入時の状態に戻すことができます。
ユーザーの情報やインターネット設定、受け取ったゲームニュースなど、Nintendo Switchを使っていると保存される情報もすべて消去されます。

初期化の方法

ページの先頭へ