ニンテンドーeショップの購入制限

お子様のユーザーに子どもアカウントを連携した際は、ニンテンドーアカウントの「みまもり設定」で、ニンテンドーeショップの購入制限/閲覧制限をすることをおすすめします。

ニンテンドーeショップの購入制限のしかたは、マンガでも紹介しています。

Nintendo Switchをみまもろう

制限できること

ニンテンドーアカウントの「みまもり設定」で、ユーザーごとにニンテンドーeショップでの購入/閲覧を制限することができます。初期状態ではどの機能も制限されていませんのでご注意ください。

『Nintendo みまもり Switch』でゲーム機本体に制限をかけただけでは、ニンテンドーeショップの購入/閲覧は制限されません。

ニンテンドーアカウントの「みまもり設定」はアカウントごとに設定が必要です。複数の子どもアカウントを管理している場合は、子どもアカウントごとに個別に設定してください。

複数のゲーム機本体に同じアカウントを連携した場合は、それぞれ同じ設定が適用されます。

購入制限

「ニンテンドーeショップの購入制限」をかけると、残高を使った商品の購入(ダウンロードソフト・追加コンテンツ・ゲーム内アイテム・Nintendo Switch Online利用券など)や、クレジットカードを使った残高追加ができなくなります。

ニンテンドープリペイドカード(番号)での「残高追加」は制限できませんが、追加した残高で商品を購入することは制限できます。

無料ソフトのダウンロードは制限できませんが、そのソフト内でゲーム内アイテムを購入することは制限できます。

体験版のダウンロードは制限できません。

ダウンロードカード(番号)を使った「ソフトの引き換え」は制限できません。

Nintendo Switch Online利用券カード/登録用番号を使った「利用券の引き換え」は制限できません。

閲覧制限

「ニンテンドーeショップの閲覧制限」をかけると、お子様の年齢に満たない商品の情報が閲覧できなくなります。
例えば、お子様の年齢が12歳の場合、CEROレーティングがA、Bの商品は閲覧できますが、C、D、Zの商品は閲覧できなくなります。

お子様の年齢は、ニンテンドーアカウントに登録した生年月日で判定しています。

CERO Zのソフトについては、お子様の年齢が18歳未満の場合、閲覧制限をかけなくても自動的に閲覧制限がかかります(制限の解除はできません)。

「CERO規定適合」や「CEROレーティング審査予定」のソフトについては、CERO Zのソフトと同様に扱います。

「IARC汎用レーティングマーク」のソフトも制限されます。

「ニンテンドーeショップの閲覧制限」はゲームのプレイを制限するものではありません。ゲームのプレイを制限したい場合は、『Nintendo みまもり Switch』で「制限レベル」の設定をしてください。

制限方法

お子様がニンテンドーeショップでできることを制限するには、以下の設定が必要です。

1~3の設定は「みまもり設定(保護者による使用制限)」で紹介している内容と同じです。

1保護者アカウントの準備

「みまもり設定」には、保護者のニンテンドーアカウントが必要になります。
ニンテンドーアカウントをまだお持ちでない場合は、次のページをご覧になり、ニンテンドーアカウントのWebサイトで作成してください。

すでにニンテンドーアカウントをお持ちの場合、そのアカウントを保護者のアカウントとして使用できます。(ただし、18歳未満のアカウントは保護者のアカウントにはできません)

2子どもアカウントの作成

保護者のニンテンドーアカウントで、子どもアカウントを作成します。
くわしくは次のページをご覧ください。

子どもアカウント」とは、ニンテンドーアカウントの一種で、12歳以下のお子様向けのアカウントです。

すでにお子様が一般のニンテンドーアカウントをお持ちの場合は、先に「みまもり対象」の設定をし、手順3に進んでください。「みまもり対象」の設定方法はこちら

3子どもアカウントとユーザーの連携

作成した子どもアカウントを、お子様が使うユーザーに連携します。くわしくは次のページをご覧ください。

「ユーザー」とは、ゲームをプレイする人を表すアイコンのことで、ゲーム機本体上で作成します。くわしくは「ユーザー」のページをご覧ください。

4保護者のアカウントでみまもり設定

保護者のニンテンドーアカウントで、ニンテンドーアカウントのWebサイトに、ログインして設定します。

  1. 1

    保護者のニンテンドーアカウントでログイン後、「ファミリー」を選択します。

  2. 2

    ニンテンドーeショップの利用制限を設定したいお子様のアカウントを選択します。

  3. 3

    「購入制限」や「閲覧制限」の項目を選択して、設定したい項目にチェックを付けます。「変更を保存する」を選択すると設定が保存されます。

  4. 4

    お子様のアカウントの「みまもり設定」の項目の表示が「機能の制限はされていません。」から、「ファミリーの保護者によって以下の制限がかけられています。」に変わっていれば設定完了です。

一時的に制限を解除したい場合は

お子様のアカウントでニンテンドーeショップを利用している際に、「保護者(ファミリーの管理者)のニンテンドーアカウントのパスワード」を入力することで、購入制限/閲覧制限を一時的に解除することができます。

すでにお子様が一般のニンテンドーアカウントをお持ちの場合は

お子様のユーザーに、一般のニンテンドーアカウントが連携されている場合、「みまもり設定」を行うには、お子様のアカウントを「みまもり対象」に設定する必要があります。

みまもり対象の設定手順

  1. 1

    保護者のニンテンドーアカウントでログイン後、「ファミリー」を選択します。

  2. 2

    「メンバーを追加する」を選択します。

  3. 3

    「ファミリーに招待する」を選択し、お子様が持つニンテンドーアカウントに登録しているメールアドレスを入力し、招待メールを送信します(保護者自身のメールアドレスを入力しないようご注意ください)。

  4. 4

    お子様に届いた招待メールに書かれているURLにアクセスし「ファミリーに入る」を選択すると、保護者の方の「ファミリー」にお子様のアカウントが追加されます。

  5. 5

    もう一度、保護者のニンテンドーアカウントでログインして「ファミリー」を選択し、ファミリーのメンバーにいるお子様のニンテンドーアカウントを選択します。

  6. 6

    「みまもり対象にする」→「みまもり対象にする」と選択すると、お子様のメールアドレス宛にみまもり設定のご案内メールが送信されます。

  7. 7

    お子様に届いたみまもり設定のご案内メールに書かれているURLにアクセスし「みまもり設定」することに同意いただくことで、保護者のアカウントで利用制限ができるようになります。

「2. 子どもアカウントの作成」に戻る

ニンテンドーeショップの起動制限

ニンテンドーアカウントの「みまもり設定」には、ニンテンドーeショップの利用自体を制限するための項目はありません。制限したい場合は、ゲーム機本体で、お子様のユーザーの「ニンテンドーeショップ起動時のパスワード」を「入力する」に設定してください。

パスワード入力設定の手順

  1. 1

    HOMEメニュー左上にある、お子様がお使いのユーザーを選択します。

  2. 2

    お子様のユーザーのマイページが表示されるので「ユーザー設定」→「ニンテンドーeショップの設定」を選択します。

  3. 3

    ニンテンドーeショップが起動し、お子様のユーザーに連携されているニンテンドーアカウントの「アカウント情報」が表示されます。「アカウント情報」→「パスワード入力設定」で「変更」を選択します。

  4. 4

    「パスワード入力設定」で「ニンテンドーeショップを起動するとき」の項目を「スキップする」から「入力する」に変更します。

  5. 5

    「保存する」を選択すると、設定完了です。次回より、eショップを起動する際に、お子様のニンテンドーアカウントのパスワードを求められるようになります。お子様にパスワードを知られないようにしてください。

Q&A 子どもアカウントのパスワードの確認・変更方法

ゲーム機本体をお子様と保護者が使う場合

お子様と同じゲーム機本体を保護者の方も使う場合、保護者のユーザーについても、ニンテンドーeショップ起動時のパスワードを「入力する」に設定してください。
「スキップする」に設定していると、ゲーム機本体を操作できる方なら誰でもニンテンドーeショップを起動できてしまうので、お子様が保護者のユーザーを使ってソフトを購入できてしまいます。


このページに関するご意見は
こちら(Google フォームへ)

サイト改善のため、よろしければ
アンケートにご回答ください。
(回答時間 1分 Google フォームへ)