システムバージョン変更履歴

HOMEサポートWii UWii U本体の更新情報システムバージョン変更履歴

WiiUの本体更新について ネットワークダウンロードによる本体更新についてご案内します。

現在、ネットワークダウンロードによりご利用いただける最新のバージョンは「5.5.3J」です。

最新のシステムバージョンの変更点についてはこちらのページをご確認ください。

5.5.2Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.5.1Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.5.0Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.4.0Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.3.2Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.3.1Jへの更新による主な変更点

  • 一部のお客様の環境で、『マリオカート8』のハイライト映像をYouTube にアップロードする際、エラーコード(104-1852)が表示されアップロードができない問題を修正しました。

  • システムの安定性や利便性の向上

5.3.0Jへの更新による主な変更点

  • 『amiibo設定』の追加

    • - 「本体設定」に「amiibo設定」の項目を追加しました。amiiboのオーナーとニックネームを登録したり、対応ソフトからamiiboに書き込んだデータを消去したりすることができます。(『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』ではゲーム内でamiiboのオーナーとニックネームを登録できます)

  • システムの安定性や利便性の向上

5.2.0Jへの更新による主な変更点

  • 「Wii Uメニュー」の更新

    • - Wii Uメニューにフォルダーを作成して、複数のアイコンをまとめて管理できる、フォルダー機能を追加しました。

    • - Wii Uメニューから「ダウンロード管理」を起動できるようにしました。

  • 「クイックスタート画面」の更新

    • - Wii U GamePadの「TVコントロールボタン」からWii Uを起動したときにもクイックスタート画面を表示するようにしました。

    • - 「本体設定」の「電源の設定」から、クイックスタート画面に表示しないソフトを設定できるようにしました。(一部のソフトのみ)

  • 「HOMEボタンメニュー」の更新

    • - HOMEボタンメニューのデザイン・レイアウトを変更しました。

  • 「ニンテンドーeショップ」の更新

    • - ダウンロード番号やニンテンドープリペイド番号を入力するときに、使用しない文字(O, I, Z など)を入力できないようにしました。

  • システムの安定性や利便性の向上

5.1.2Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.1.1Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性や利便性の向上

5.1.0Jへの更新による主な変更点

  • 交通系電子マネーによる決済機能の追加

    • - 『ニンテンドーeショップ』で、交通系電子マネーを使ってダウンロードソフトなどの購入に必要な残高を追加できるようにしました。対応する交通系電子マネーをWii U GamePad左下のNFCエリアマークNFCエリアマークにかざすことで残高の追加が行えます。

    • - ご利用いただける交通系電子マネーは2014年7月現在、「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類です。
      ※PiTaPaはご利用になれません。

  • Wii U同士の引っ越し機能の追加

    • - Wii U本体に保存されているデータを、別のWii U本体にまとめて引っ越し(移動)できるようにしました。『本体設定』の「ソフトとデータの引っ越し」から画面の案内に従って引っ越しが行えます。引っ越しについてくわしくは、こちらのページのQ&Aをご確認ください。

  • 『ニンテンドーeショップ』の更新

    • - Wiiリモコン、Wii U PROコントローラー、クラシックコントローラの操作に対応しました。

  • システムの安定性や利便性の向上

5.0.0Jへの更新による主な変更点

  • クイックスタート画面の追加

    • - Wii U GamePadで電源をONにしたときに、クイックスタート画面を表示するようにしました。
      クイックスタート画面から、最近遊んだソフトや新たにインストールが完了したソフトをすぐに選んではじめることができます。(※1)

  • Wii U GamePadでおしらせを受信する機能の追加

    • - 今後、任天堂からお届けするキャンペーン情報などのおしらせを、電源がOFFのときにWii U GamePadで受信することができるようにしました。
      おしらせが届くと着信音とともにWii U GamePadの画面に表示されます。また、届いたおしらせはクイックスタート画面で確認することもできます。(※2)

  • 電源OFF時の動作機能の改善

    • - 本体の更新がある場合に、更新データをダウンロードしたあとに自動でインストールまで行うようにしました。

  • 『Wii Uメニュー』の更新

    • - Wii Uメニュー左上の「ユーザーのMii」を選ぶと、ユーザー設定画面を表示するようにしました。

    • - ユーザー設定画面のデザイン・レイアウトを変更しました。
      ユーザーの交代はユーザー設定画面から行うことができます。

  • 『本体設定』の更新

    • - 「電源の設定」に「クイックスタート画面の設定」を追加しました。
      Wii U GamePadに届くおしらせについてもここで設定変更を行うことができます。

  • 『HOMEボタンメニュー』の更新

    • - 『おしらせリスト』のアイコンをHOMEボタンメニュー上に配置し、HOMEボタンメニューから『おしらせリスト』を起動できるようにしました。

  • システムの安定性や利便性の向上

4.1.0Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性の向上

4.0.3Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性の向上

4.0.2Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性の向上

4.0.1Jへの更新による主な変更点

  • 4.0.1Jへの更新による主な変更点

4.0.0Jへの更新による主な変更点

  • Wii専用ソフトの映像をWii U GamePadに出力する機能の追加(※1)

  • USBキーボードによる入力の対応(※2)

  • Wii専用ソフトを使用時に、ドルビープロロジックIIサラウンド出力に対応しました。(※3)

  • 『本体設定』の更新

    • - 「インターネット」でソフトの自動受け取りの設定を行えるようにしました。

    • - 「テレビ」でテレビのサウンド出力先ケーブルを選択できるようにしました。くわしくはこちら

    • - 「電源の設定」で電源OFF時の動作が有効な場合に、動作間隔を1時間単位で設定できるようにしました。

  • 『インターネットブラウザー』の更新

    • - 動画再生中にWii U GamePadのL/Rボタンで一定時間の巻き戻し/早送り操作を行えるようにしました。

    • - ユーザー名とパスワードを利用してウェブサイトにログインする場合に、入力したユーザー名とパスワードを保存できるようにしました。(※4)

    • - ソフトを中断してインターネットブラウザーを起動した場合に、ソフト中断時のテレビ画面やWii U GamePad画面の画像を、ブログや掲示板などのウェブサイトにアップロードできるようにしました。

    • - ウェブサイト上のPDFファイルを表示できるようにしました。(※5)

    • - ウェブサイト開発者向けの機能として、ユーザーエージェントの切り替えやデベロッパーツールを利用できるようにしました。

  • 任天堂からお届けするソフトを自動的に受け取る機能の追加

  • ニンテンドーネットワークIDの設定項目を追加

    • - パソコンやスマートフォンなど、任天堂ゲーム機以外の機器からニンテンドーネットワークのサービスを利用するかどうかを設定できるようにしました。

  • 『Wii Uメニュー』の更新

    • - 『フレンドリスト』のアイコンをWii Uメニュー上に配置し、Wii Uメニューから『フレンドリスト』を起動できるようにしました。

  • 『Wii U Chat』の更新

    • - フレンドへの発信時またはフレンドからの着信応答時に、相手のプロフィールをMiiverseで確認できるようにしました。

    • - Wii U GamePadに接続したヘッドセットを利用して通話できるようにしました。

  • システムの安定性や利便性の向上

(※1)
Wii U GamePadでの操作には対応していません。テレビ画面の代わりに、GamePadにゲーム画面を表示して遊ぶことができます。Wii専用ソフトをお楽しみいただくためには、WiiリモコンプラスまたはWiiリモコンによる操作が必要です(GamePadのカメラ周辺に内蔵されたセンサーバーを使用します)。
(※2)
一部、USBキーボードをご利用いただけないソフトもあります。
(※3)
ドルビープロロジックII対応ソフトに限ります。
(※4)
保存されたユーザー名とパスワードは、『インターネットブラウザー』の「設定」で削除することができます。
(※5)
PDFファイルの形式やデータサイズによっては、正常に表示できない場合があります。また、PDFファイルを保存することはできません。

3.1.0Jへの更新による主な変更点

  • 電源OFF時の動作機能の改善

  • システムの安定性の向上

3.0.1Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性の向上

3.0.0Jへの更新による主な変更点

  • 電源OFF時の動作機能の追加

  • 『Wiiメニュー』を直接起動する機能の追加(※1)

  • 『本体設定』の更新

    • - 「データ管理」で2台のUSB記録メディアを接続して、データを移動またはコピーできるようにしました。(※2)

    • - 「データ管理」で対象となるソフトを複数選択して、データを移動、コピーまたは消去できるようにしました。

    • - 『本体設定』からテレビに出力する画面の大きさを変更するメニューを追加しました。(※3)

    • - 「自動電源OFF」を「電源の設定」に変更しました。自動的に電源をOFFにする機能や、電源OFF時の動作機能は、この設定で有効・無効の切り替えを行えます。

  • 『Miiverse』の更新

    • - Wiiリモコン、Wii U PROコントローラー、クラシックコントローラの操作に対応しました。

    • - 投稿の手書き入力画面をTVにも表示するようにしました。

    • - 投稿の手書き入力画面で、直前の操作をキャンセルできるようにしました。

  • 『ニンテンドーeショップ』の更新

    • - ダウンロードソフトに更新データが配信されている場合は、そのソフトの購入時、更新データも同時にダウンロードするようにしました。

  • 『インターネットブラウザー』の更新

    • - Wiiリモコン、Wii U PROコントローラーの操作に対応しました。

    • - キーワード検索時に検索エンジンを切り替えに対応しました。

  • 『ダウンロード管理』の更新

    • - 新規購入したダウンロードソフトは、ダウンロード完了後に自動的にインストールするようにしました。

    • - ダウンロード中のデータが複数ある場合に、ダウンロードの順序を変更できるようにしました。

  • 『保護者による使用制限』の更新

  • システムの安定性や利便性の向上

(※1)
これらの機能を利用するためには、ニンテンドーネットワークIDの登録が必要です。
(※2)
Wiiモードで利用できます。
(※3)
ソフトのアップデートは、更新データが配信されているソフトでのみ可能です。

2.1.3Jへの更新による主な変更点

  • システムの安定性の向上

2.1.0Jへの更新による主な変更点

  • 「ニンテンドーネットワークID」登録機能の追加

  • 『Miiverse』の追加(※1)

  • 『ニンテンドーeショップ』の追加(※1)

  • 『インターネットブラウザー』の追加

  • 『Nintendo TVii』の追加(※1)

  • 『フレンドリスト』の追加(※1)

  • 『Wii U Chat』の追加(※1)

  • 『おしらせリスト』の追加

  • 『ダウンロード管理』の追加

  • 『Wiiからの引っ越し』の追加(※2)

  • ソフトのアップデート機能の追加(※3)

  • USB記録メディア利用機能の追加

(※1)
これらの機能を利用するためには、ニンテンドーネットワークIDの登録が必要です。
(※2)
Wiiモードで利用できます。
(※3)
ソフトのアップデートは、更新データが配信されているソフトでのみ可能です。