冒険者の声

みなさんがプレイした『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の思い出やエピソードをご紹介いたします。

最終更新日:2018.9.26

このページをシェアする

  • 私は12才になって、初めてハイラルの地にたちました。最初にマップを見たときは、大きすぎて目が回りそうになりました(笑)。けれど、ハイラルの世界に慣れていくうちに、だんだんと地形を覚えていって自分の庭のように感じられるようになりました。この広い「自由」な世界で、初めて「冒険」の面白さに気づけました。これからも、たくさん冒険して、楽しみたいです。

  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は私の約40年にもなるゲーム人生の中で最も好きなゲームになりそうです。

    我が家では家族全員がこのゲームをプレイしていますが必ずテレビモードにして大画面でやります。なぜならこのゲームは観ているだけでやっている人と同じくらい楽しめるからです。本当にハイラルの世界にいるような没入感がたまらなくてクリア後も毎日ハイラルをバイクで駆け回っています。

  • 本当に楽しく、素晴らしい作品でした。

    大人になり、様々な経験をしてきて、楽しいというのは、楽しもうとしなければそうならないものになっていました。

    正直、友人の付き合いみたいな感じでこの作品をやり始めたのですが、あっというまにこの世界に引き込まれました。

    童心に返ったかのように、気づいたらハラハラしたり、笑ったり、悔しがったりと楽しんでいました。

    まるで子供の頃のように、心が躍る体験をさせていただきました。忘れていた感覚でした。

    作った方々に感謝です。

    楽しかったー!

  • リンクの表情が豊かなのが微笑ましいです。極寒の地で寒さに震えている様を見ると「ゴメンゴメン、すぐ暖かい服着せるね」と言いたくなるし、素足で宝箱を蹴って痛がる様もリアル。硬すぎ料理を作っている時の表情の変化も細かくて、驚くことばかりです。これからももっと意識してリンクや他のキャラクターの表情や感情の変化を見ていこうと思います。景観、BGM、ダンジョン等も本当に素晴らしいです。このゲームの製作に携わったすべての方に敬意を表します。

  • 初めて「ゼルダの伝説」シリーズをプレイしました。最初は圧倒的な世界観とオープンワールドという設定に戸惑いましたが、やればやるほどのめり込みました。ストーリーも感動して涙してしまうくらい(笑)とても良かったです。

    私は彼氏と一緒になって祠の謎解きなどをやっていましたが、一人プレイなのに2人で楽しめたことはとても大きな要素でした。厄災ガノンを倒しても、ゲームのクリア率はまだまだなのも、このゲームの魅力だと思います。クリア率100%目指して頑張ろうと思います。

  • 本サイト掲載にあたって、投稿いただいたコメントを一部修正しているものがございます。

あなたの感想もお聞かせください。いただいたメッセージの一部は、このページで紹介させていただきます。

メッセージを投稿する