世の中にないフォントを作る

開発初期のアイデア出しをする中で

『Splatoon』の開発途中では、インクを塗られたときに分かりやすいということ、アクションも見栄えがする等という理由から、体が白くて長い耳を持つウサギがキャラクターとして検討されていた時期があった。 『Splatoon』の開発途中では、インクを塗られたときに分かりやすいということ、アクションも見栄えがする等という理由から、体が白くて長い耳を持つウサギがキャラクターとして検討されていた時期があった。

デザイン系で入社した私は、Wii Uの『Splatoon(スプラトゥーン)』の開発にUIデザイナーとして関わることになりました。UIというのは、ユーザーインターフェイスの略で、お客様が操作するゲーム画面のことです。任天堂のゲームは、小さいお子様からご年配の方まで、幅広い年齢層の方が遊ぶものですから、わかりやすいUIをデザインするように心がけています。


ところで、『Splatoon』のメインキャラクターは「イカ」ですが、私がこのチームに合流したときはまだ開発の序盤で、イカのアイデアは生まれておらず、代わりにウサギが動いていました。そんな中、私はカウント表示に出てくる「3、2、1、0」をデザインしようと思ったのですが、世の中に出回っている既存のフォントだとイメージにピッタリ合うものがありませんでした。そこで自分で描くことにしたのです。


その当時は、ゲームの細かいところまで作り込んでいくという段階には入っておらず、まだアイデア出しを続けている時期でした。そこで「数字以外の文字のフォントも作っちゃおう」と考えた私は、ひらがな、カタカナ、アルファベット、そして記号のフォント制作に取りかかることにしたのです。でもさすがに漢字はあきらめましたが(笑)。

300文字以上のフォントを作成

フォントをデザインするにあたって意識したことは、『Splatoon』が持つスポーツ性と、インクで遊ぶという点です。スポーツには明快さとか疾走感がありますので、細いフォントは向かないだろうなと考えました。それにインクは有機的な形だということで、「太くて有機的であること」をイメージしながら、ひとつひとつのフォントを、最初は手書きでデザインしていきました。


300文字以上のフォントができあがるまでに、1か月半くらいかかったでしょうか。細かい調整は開発中ずっと続くので、トータルではもっと時間がかかっています。自分ではフォント名を付けなかったのですが、みんなから「イカフォント」とか「スプラトゥーンフォント」と呼ばれるようになりました。


UIデザイナーの仕事は、アイコンやボタンなどをデザインすることが多く、たくさんの人たちに注目されるキャラクターを作るわけではありません。でも今回は「イカフォント」を作ることで、『Splatoon』のゲーム内はもちろん、Webサイト、広告や雑誌、さらにはさまざまなグッズのパッケージに使われるようになり、どんどん露出度が増えていきました。そして何よりたくさんの人に喜んでいただけたようで、「イカフォント」を作って本当によかったと実感しています。

初期のひらがなとカタカナのラフスケッチ 初期のひらがなとカタカナのラフスケッチ

完成した「イカフォント」の一覧 完成した「イカフォント」の一覧

社員略歴

橘磨理子

橘磨理子企画制作部/2012年 入社
2012年「デザイン系」入社。UIデザイナーとして、『Splatoon(スプラトゥーン)』(2015年)のほか、Wii U『New スーパーマリオブラザーズ U』(2012年)やWii U『ピクミン3』(2013年)の開発に関わる。
職種