職種紹介

デザイナーの仕事ゲームCGデザイン
(スペシャリスト)

ゲームCGデザイン(スペシャリスト)とは?

「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」は、デザイナーの中でも主に「CG技術」を扱うことでゲームソフト開発に貢献する職種です。 その意味では「テクニカルアーティスト(TA)」と呼ばれる職種に近いと言えますが、プログラムを書くのがメインというよりは、 様々なCGツールを駆使したり、高度なCGの設定を行ったり、時にはデザイナー向けのサポートツールを作成したりと、 デザイナーの立場から「CG技術」を追求するのが仕事です。

ビデオゲームの進歩は、テクノロジーの進歩に支えられてきたといっても過言ではありません。
驚くほどリアルな映像や、見たことが無いようなユニークな表現、…そういったゲームビジュアルの進歩においても、CG技術の活用は欠かせないものです。

しかし、デザイナーが技術を扱うということに、ピンと来ない方も多いのではないでしょうか。
ゲーム開発において、「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」がどんな役割を果たしているのか、できるだけ分かりやすくご説明したいと思います。

どんな仕事?

まずは「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」がどんな仕事を担当しているのか、具体的な事例を紹介してみます。

(事例1)ライティング・質感表現

  • 例えば実写の写真や映像を撮影する際、「ライティング」はとても重要になりますよね。
  • CGにおいては、「被写体をどう見せたいか、何を目立たせたいか、見る人に何を感じさせたいか」といったデザイン的視点だけでなく、「ライティングや質感表現の仕組みをCG技術でどう組み立てるか」といった技術的視点も求められます。
  • どんなに良いモデルを作っても、ライティングがその良さを引き出さないと、良いビジュアルになりません。
    現代のCGにおいて、非常に重要な役割と言えます。
  • 上記画像は、実際にゲーム内でライティングを調整している様子です。ライトの機能を活用して、魅力的なビジュアルを構築しています。
  • 上記のように時間変化のあるライティングでは、シームレスな変化と各時間帯での魅力的な絵作りの両立が課題となります。 エンジニアやアートディレクターとしっかり連携し、ライティングシステムを構築します。

(事例2)キャラクターアニメーションのための「リグ」開発

  • 3Dのキャラクターモデルをアニメーションさせる際、効率良くポーズを付けられるように、「リグ」という特殊なコントローラーを取り付けます。

  • 画像の、マリオの周りにある矢印やラインなどが「リグ」であり、この仕組みの開発や取り付けを行います。
  • リグを付けることで、アニメーターの作業効率を高め、アニメーションの表現力を底上げすることができます。
  • 高校程度の数学の知識が必要で、かつ、アニメーター目線で扱いやすいコントローラーを構築することが求められます。

(事例3)モデリングフローの構築

  • 例えば、キャラクターやアイテムなどの3Dモデルをどのような表現・クオリティで作成するか?その基準をアートディレクターと検討します。
左の画像が調整前のモデルで、右の画像が調整後の基準となるモデルです。 硬い、柔らかいといった質感や、陰影の入れ方、絵作りに合わせた色の使い方、といった部分を調整しています。 (開発中の画像であり、製品とは異なります)
  • アートディレクターと決めた基準に基づいて、量産するにはどのようなソフトやサポートツールがあれば効率よく制作できるかを検証します。
  • その過程でデザイナーが繰り返し行う作業があるなら、自動化するツールを作成、もしくはエンジニアに発注し、作業フローを整えます。

画像は、モデルに質感を簡単に割り当てるツールで、作業の効率化と質感の共通化に役立ちます。

(事例4)プロシージャル(手続き的)な手法の活用

  • この画像は、ゲームに登場する、プレイヤーが滑走するギミックのモデルデータです。
  • こういった、構造に規則性のあるモデルは、プロシージャル(手続き的)な手法を取り入れるのに適しています。
  • そこで、プロシージャルモデリングをスクリプトで実装し、作業の効率化を行いました
動画のように、自由にレイアウトしたパスをもとに、レールのモデル生成と、支えとなる脚を自動配置していきます。この仕組みをステージデザイナーに提供することで、多くのステージにレールを配置したり、レイアウト修正の手間を簡略化したりと、作業を大幅に削減できました。

以上が、担当業務の一例になります。デザイナーの中でも「技術に強みがある人」が活躍できる職種であることが少しイメージできたのではないでしょうか。

※上記全てのスキルが必要ということは無く、ゲームCGデザイン(スペシャリスト)の中でも担当分野はそれぞれ異なります。

その役割をまとめてみると?

「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」の役割を、4つのキーワードにまとめてみましょう。

これらを担うのが「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」の役割と言えます。

ではなぜ昨今、このような職種が必要とされているのでしょうか? その理由は、ビデオゲームのグラフィックスがどのように進化してきたか、そこから分析することができます。

  • 高精細化:
    解像度が上がり、細かいところまで描写できるようになってきた
  • 物量の増加:
    広大なフィールドであったり、たくさんの種類のアイテムなど、作るモノの量が増加している
  • 表現力の向上:
    リアルな質感表現から、セルアニメのような絵作りまで、表現の「幅」と「質」が向上している

上記のように、表現力は豊かに、できることは高度になっていますが、 質・量ともにデザイナーへの負担が増えることが懸念されます。

それを改善/解決していくため、事例のように作業効率化を提案したり、新しいツールを検証したり、
エンジニアと共に解決方法を模索したりといった「技術的な手段による課題解決」が非常に重要になって来ました。

これをデザイナーの中で担当するのが、「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」というわけです。

任天堂ではたらくCGデザイナー(スペシャリスト)に求められること

学生時代に、「ゲームCGデザイン(スペシャリスト)」のようなことをやっていたという方は、少ないかも知れません。 ですが、

  • CGが好きで、CGソフトを学ぶことが楽しい。
  • 面倒な作業を、効率化したり自動化したりすることに面白みを感じる。
  • ゲームやCGがどのように作られているか、調べたり試したりすることが好き。
  • スクリプト作成やツール導入など、技術的手段で問題解決することが得意。
  • 周りの人から、ソフトの使い方やコンピュータのことについてよく質問される。

のいずれかが思い当たる方は、向いているのではないかと思います。
技術を活用してデザイナーの作業効率を改善したり、魅力的なグラフィックスにしていくことは、デザイン業務のアウトプット全体に「掛け算」のように影響する重要な仕事であり、やりがいを感じることができると思います。

↑