ユーザーの引っ越しと
セーブデータの引っ越し

元々使用していた本体から別の本体に、ユーザーやセーブデータを引っ越し(移動)することができます。

引っ越しには、「ユーザーとセーブデータをまとめて移す方法」と、「セーブデータだけを移す方法」の2種類があります。
2台目本体の購入後にやること」をご覧になり、どちらの引っ越し方法が良いかご確認のうえ、引っ越ししてください。

引っ越しするには、本体のシステムバージョンを最新にしておく必要があります。

Nintendo Switch本体を使って説明していますが、Nintendo Switch Lite本体の場合も同様です(Nintendo Switch本体とNintendo Switch Lite本体の組み合わせの場合も同様です)。

ユーザーの引っ越し

新しい本体だけを使用する場合は、元々使用していた本体から新しい本体に、ユーザーやセーブデータなどをまとめて引っ越しします。

引っ越しできるデータ/
引っ越しできないデータ

引っ越しできる

引っ越しできない

ユーザー関連

  • ユーザー(※1)
  • ユーザー設定
  • フレンド
  • 「マイページ」の「プレイ記録」と「いっしょにあそんだ人の記録」(※2)

ソフト関連

  • プレイしたソフトのセーブデータ(ユーザーごとに保存されるセーブデータ)
  • ユーザーごとに保存されていないセーブデータ(※3)
  • ダウンロードソフト
  • 追加コンテンツ
  • 更新データ

本体設定

(すべての項目)

その他

※1子どもアカウントを連携しているユーザーも引っ越しできます。

※2「マイページ」はHOMEメニュー左上に表示されているユーザーのアイコンを選ぶと表示されます。

※3一部、セーブデータがユーザーごとに保存されず、1つのセーブデータを他のユーザーと共有しているソフトがあります(例:『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』など)。(起動時にユーザーを選ぶソフトは、セーブデータがユーザーごとに保存されます)

※4画面写真/動画は、引っ越ししたあとmicroSDカード内のデータをパソコンなどにコピーし、引っ越し先の本体で使うmicroSDカードにコピーし直すことで、引っ越し先の本体でも使うことができます。(画面写真/動画は、microSDカードの「¥Nintendo¥Album」フォルダに入っています。引っ越し先の本体のmicroSDカードにも同じフォルダにコピーしてください)

引っ越し前にご確認いただきたいこと(引っ越しに関するご注意)

  • 引っ越しするユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトは、HOMEメニューにソフトアイコンが残っていても、引っ越し元の本体では遊べなくなります。(追加コンテンツも同様)

    どのユーザーがどのソフトを購入したのか確認する方法は、こちらをご覧ください。

    引っ越し元の本体に、同じニンテンドーアカウントと連携したユーザーを登録すると遊べます。
    くわしくは「2台目本体の購入後にやること」のページをご覧ください。

  • 引っ越し元の本体に残っている別のユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、引っ越し先で遊べなくなります。くわしくは「引っ越し後に遊べるソフト/遊べなくなるソフト」をご覧ください。
  • ダウンロードソフトや追加コンテンツは引っ越しされません。引っ越しするユーザー(に連携しているニンテンドーアカウント)が購入したダウンロードソフトや追加コンテンツは、引っ越し先の本体でニンテンドーeショップから再ダウンロードできます(無料)。

    購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法

  • ソフトの更新データは引っ越しされません。引っ越し先の本体でダウンロードしてください。

    更新データのダウンロード方法

  • Wii Uの引っ越しとは異なり、複数のユーザーを一度に引っ越しさせることはできません。
  • ニンテンドー3DSシリーズの引っ越しとは異なり、元の本体で使用していたmicroSDカードを、引っ越し後に引っ越し先の本体に差し込んでも、ソフトを遊ぶことはできません。
  • Wii Uやニンテンドー3DSシリーズから引っ越しすることはできません。

ユーザーの引っ越し方法

引っ越し先の本体の初回設定が終わっているかいないかで引っ越し方法が異なります。お客様の状況にあわせて、次の案内をご覧ください。

セーブデータの引っ越し

別の本体にセーブデータだけを引っ越しします。
複数の本体をお持ちの場合に、前回プレイした本体からセーブデータの引っ越しをすると、最新のセーブデータで遊ぶことができます。

一部、引っ越しできないセーブデータがあります。
『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』など、セーブデータがユーザーごとに保存されず、1つのセーブデータを他のユーザーと共有しているソフトのセーブデータは、引っ越しできません。(起動時にユーザーを選ぶソフトは、セーブデータがユーザーごとに保存されます)

セーブデータはプレイした本体に保存されます。複数の本体を使用して常に最新のセーブデータで遊びたい場合は、前回プレイした本体から毎回セーブデータの引っ越しをしてください。

引っ越し前の準備

  • 引っ越し元/引っ越し先のそれぞれの本体が手元に必要です。
  • 引っ越し元/引っ越し先のそれぞれの本体で、次の条件を満たしているか確認してください。

    - セーブデータを引っ越しさせたいユーザーに、同じニンテンドーアカウントが連携されていますか?
    確認方法はこちら

    - 本体のシステムバージョンは最新ですか?

    - インターネット通信ができる環境ですか?

セーブデータの引っ越し方法

それぞれの本体のHOMEメニューで、「設定」→「データ管理」→「セーブデータの引っ越し」を選び、画面の案内に従って操作してください。

選択できるのは1つのみです(セーブデータは1つずつ引っ越しします)。

表示された画面で「データ管理」→「セーブデータの引っ越し」を選択し、画面の案内に従って操作してください。

このページに関するご意見は
こちら(Google フォームへ)

サイト改善のため、よろしければ
アンケートにご回答ください。
(回答時間 1分 Google フォームへ)